Redman / Red Gone Wild

あー、やっぱしHiphopはこうでないとと思わせてくれる、Redmanの新譜です。
近ごろのもさもさラップやだらだらラップが大嫌いなので、こういうの聴くと目が覚めるっつーか、確実にアガるわ。

先行シングルの「Put It Down」は嫌いなティンバProd.だけど、なぜでしょうRedmanのこれは許せるなー。Redman色が濃いからかしら?
あと、Pete Rockとか、おなじみRockwiderとかSchot Storch、DJ Clark Kentなどなど、私お好みのHiphop系producerが多くて嬉しい。あ、もちろんDef Squadで、Erick Sermon御大のProd.もあるよ!
当然のことながらKeith Murray参加曲もあり。
他のゲストで気になったのは、「WUTCHOOGONNADO」でfeat.されてたMelanie Rutherford嬢が、Lil’ Moっぽくてよかったっす。

裏切らない出来なので、よかったよ。このままの調子でいっとくれよー。

Ms. JADE/Girl Interrupted

Timbaプロデュースによる、姉御肌系女性ラッパーMs. Jade。
女性ラッパー好きとしては強気なねーさん系キャラということで期待したんです。が。

私はやっぱりTimbaがダメでやんす。
Eveをもっと鼻にかけて気を強くしたような声(あ、EveつーよりMC Lyteあたりに近いかもしれん)やフロウはかなりカッコイイのですが、曲がなーーーーーー(汗)
Dr. Dreあたりに1曲プロデュースしてもらえば良かったのに(笑)
というわけで、Timbaより巣立った彼女を聴いてみたいので、2枚目以降に期待。

To Top