また来たよRalph

一週間経ってしまいましたが、行ってきました。
Ralph Tresvant / Bobby Brown / Johnny Gill in Billboard Tokyo
ホントは2ndを観たかったんだが、チケットが取れず…。

去年もこの3人を観た時、最初で最後かもなぁ〜なんて思ってたら、あっさり今年もいらしたので「あー、出稼ぎ…」と思ってしまったのですが、生Ralphが観られるってことなんで、まんまと行ってしまいました。

はっきりいって、彼メインで観に来てる人は、きっと数少ないはず…。(他は、JohnnyかBobby狙いかと。そうそう、去年よりもBobbyが痩せてましたよ。)
しかし、私はこの中ではRalphだけ観られればいいと思ってたので、他の2人のときはアッサリと観てましたが、Ralphのときはギャーギャーわめいてました。同行のskylab(仮名)さんに「態度変わりすぎw」と言われてしまうくらいの豹変ぶり(笑)
だって、奇跡のカッコ良さ。美しさ。

しかしだなー、そんな人気度合だからか、Ralphソロが少なかったし、ライブ自体もすげー短い…。アンコールあわせても、1時間30分もやってなかったと思う。。。結構な期間、公演やってたから温存してたのかもだけど、3人いてただでさえボリューム多いし、値段も高いのにあの短さはなぁ。若干、不完全燃焼な感じもしました。

まぁ、またSensitivityが聴けた(やらなかった回もあるらしい)のと、Ralphの美しさで不満は相殺したい思います。

今度来てくれるなら、Ralphソロで観たいなぁ。

あんなに美しい人が存在するとは!

観てきました。
Ralph Tresvant, Bobby Brown, Johnny Gill!

とにかく言いたいことは、

Ralphが美し過ぎた!

ということです。
あんな色っぽい人が存在するんだなぁ〜。
40歳なのに腹筋割れてたし、溜息モノでした。
ライブ中、ずーーーーーーーっとラルフばっかし観てたよ。

最後の最後で「Sensitivity」をやってくれて、それでとどめ刺されました。
素敵すぎるわ。

5年前にもBobby抜きのライブを観ましたが、遠目だったので至近距離で観れて大満足です。

Bobbyは、大分太ってました(笑)
15年前の武道館で観た姿とは大分変わってたけど、息も若干切れながらですが、がんばってました。

Johnnyはやっぱし、歌が鬼ウマですね。歌うと歓声が一番上がってたのは彼だったかも。

ライブ自体もかなり盛り上がったので、私のライブランキングでかなり上位に食い込みました。これでもう見納めでしょう。

マイ アイドル

画像(200x301)

来ますよ、来ますよ!
Ralph Tresvant/Bobby Brown/Johnny Gill !!!!! すげー、ある意味ビッグ3!
NewEditionフロントマンがまとめて観られるなんてー!
5年前にNew Edition(ボビー抜き)で来日した時は「見納めかも…」なんて思ってたけど、またもお目にかかれるとは。

skylab(仮名)さんのおかげもあり、無事チケット取れたので観に行けます。楽しみだなー。
3人の中でも、特にラルフは、私が最も美しいと思っている男性アーティストなので、至近距離で観られるかと思うとニヤケが止まりません。久々に目がハートになりそうです。

Ralph Tresvant / RizzWaFaire

結論からいいます。とりあえずファンの人以外は買わなくてもいいかと…。
これは、往年のファンがニヤニヤしながら聴く出来なんだと思います。新しさはあんましないしなー。
しかし、「Love Hangover」なんかスタンドマイクで踊ってる姿が想像できるし、「Angel」は囁くような感じがたまらんですし、「A Man Who Loves You」のラップもまだまだオレは若いぜ!っていうのも伝わるし、「Save A Little Love」で歌う爽やかさも忘れてない。「My HomeGirl」で震えるようなヴォーカルにキュンキュンしますし、「Too Cool」で大人の男を魅せる彼には感服するしだいです。

とにかく、声の瑞々しさが衰える事ないのはサスガ。しびれます(笑)これは、彼が永遠のアイドルってことなんでしょうねぇ〜。

My Home Girl

続きを読む・・・

Ralph Tresvant の新譜が出る!

新聞読む姿にもクラクラ

あいかわらず、カッコよくてむかつきますね!(笑)

オフィシャルサイトによると、どーやら明日発売の模様。

「Rizz Wa Faire」 というタイトルだそーですが、Amazonやタワレコのサイトで見かけないので、もしやバリバリインディーズ発なんでしょうか…。のおおおお。

[Artist] New Edition

伝説のボーイズグループです。いまやすっかりダンディに(はぁと)
メムバーは
Ralph Tresvant、Johnny Gill、Ricardo Bell、Michael Bivins、Ronald DeVoe、Bobby Brown の6名になります。
元々、5人組だったけど、ボビーが抜けてジョニーが加入。1996年の再結成では6人でお目見えしましたが、2004年の再々結成ではボビー抜きのカタチになってます。各自ソロやグループ(Bell Biv DeVoe)でも活動していて、それぞれでもヒットを出してて勢いありましたー。
私はメムバーのなかでRalphが一番好きなのですが、今も昔も大して見た目変わんないのがすごい。いずれにしても可愛い〜カッコイイんですが、ぐふふ。えこひいきで写真掲載しちゃえ(笑)
あと、Ronのラップもなんか癖になるので好きです。

続きを読む・・・

NEW EDITION / One Love

P. Diddy 主宰のBadboyから、Ralph, Johnny, Ricky, Michael, RonnieのBobby抜きでのニューです。彼らの最初のデビューは1983年というから、すでに20年選手なんすね。すごい。

んで、曲ですが、1stカットの「Hot2Nite」も今っぽいのに無理してない感じで、今の歳のNEに合っててカッコイイ。ところどころ、アイドル風味も織り交ぜながら、しかし、Badboyな感じも忘れてないので、P. Diddyもわかってるじゃないかーとニマニマしてしまいました。7.「Wildest Dreams」とか11.「That’s Why I Lied」とかとかRalphの36歳とは思えん歌声にキュンとやられます(笑) あと、なぜか聴き入ってしまうRonnieのもたつきラップも健在でうれしい。

続きを読む・・・

To Top