声で決まると思う

どんなにいい曲でも歌ってる声が好きじゃないとダメだー!というわけで、最近シャッフルで聴いてて、やっぱこの人の声好きだわ〜と改めて思い直した人を上げてみます。

まずは、Jesse Powell。この「You」を全米トップ40で聴いて彼のアルバムをチェックするように。低い声もいいんですが、ちょっと高めのビブラート効いたとこがたまらんです。4オクターブの音域を生かして、抑揚のある表現にやられます。最近全然活動してる様子がないのが残念です…。いつまでも新曲待ってます(涙)

Frankie。この人は知る人ぞ知るって感じだろうなぁ〜。この「Dear Love」収録された、”My Heart Belongs To you”というアルバムは、Chucky Thompsonプロデュースなのもさることならがら、やはり彼の泣きのヴォーカルあっての最高傑作。15年前の作品だけど、いまだに聴いてます。彼もなぁー、これ1枚で消えてしまったんだよぉおおおおおお(涙)(涙)(涙)

そして、Mint Condition。この「What Kind Of Man Would I Be」もJesseと同様、全米トップ40がきっかけだなー。バンドスタイルで長く続いているグループで、メインVo.のStokleyの声はさわやかだけどセクシーで、キュンキュンしますなぁ。アルバムも8枚出してて、毎度安心して聴ける抜群の安定感。彼らのライブを観たことあるんですが、バンドスタイルはパワフルでよかったけど、歌だけメインというわけではなかったので、歌メインで再度ライブ観てみたいなぁ。

…とめぐってみたけど、全部90年代後半の曲だね。この手の音楽聴き始めのころのアーティストって印象に残ってるんだなぁと思った次第です。

次はラッパー編を考えてみるかな。

Mint Condition観てきました

昨日、ビルボード・ライブの1stステージを観てきました。

バンド所帯ってことで、生ならでは!みたいのも観れたし、Stokleyの美声も聴けたし、概ねよかったんですが、イマイチ観客の盛り上がりに欠けてたのが残念。
大人のライブスペースだからかしらねー。
彼らのライブはもうちとノリノリで観るべきはずなのですが、観客ほとんど座ってたし。私もあんなに長時間座ってライブを観たのは初めてです。
若干、不完全燃焼感はぬぐえません。
2ndステージは盛り上がったんかなぁ?

最強プレイリストを作っている

普段音楽垂れ流しなので、iTunesでランダムに曲を聴きながら気に入った曲にはレートをつけてます。
やはり男性Vo.のミディアム〜スロウが好きなので、そればっかりのプレイリストを作ろうと思い、かたっぱしからざくざく聴いてます。しかし、iTunesのパーティーシャッフルはたいしてシャッフルされないのはなぜなんだろうか…。何度もおんなじのかかったりすんぞ。
そんななかで、
いまのところレート★★★★★が付いてたのはこちら(一部抜粋)。

Avant / This Is Your Night:Director [2006]
Blackstreet / Before I Let You Go:Blackstreet [1994]
Bobby Valentino / My Angel (Never Leave You):Bobby Valentino [2005]
Dave Hollister / Tell Me Why:Things In The Game Done Changed [2006]
Frankie / Dear Love:My Heart Belongs to You [1997]
Jesse Powell / I Didn’t Realize:JP [2001]
Joe / You Should Know Me:Ain’t Nothin’ Like Me [2007]
Mint Condition / If You Love Me:Life’s Aquarium [1999]
Tevin Campbell / I’ll Be There:Back To The World [1996]

以外と、自分が好きだと上げてるアーティスト(Keith SweatとかR. Kellyとか)の曲の評価は★★★★止りだな。
やけにJesse Powellの評価が高い俺…。彼、今どーしてんでしょうか。新譜でないのかなぁ。

To Top