#‎ケンザワンマン Tour 2014 Final

昨日、行って参りました、ケンザワンマン@Liquidroom Ebisu。ひさびさにここに書こうと思って、無い文章力総動員で書いてます。まとまんねーからすげー長いし…。

9月上旬ぐらいにやっていたKen the 390ご本人がやっているUstreamの番組を観てて、この人やっぱラップ上手いなぁ、ライブ観たいな〜と思って、勢いでチケットを取ってみました。

客層はやはり20代中心で男女比は結構均等だったと思う。スタート時間が近づくにつれて会場はぱんぱんに。私はステージ向かって右側のちょっと見づらい位置におりました。

フロントアクトは、Ken the 390自身が起こしたレーベル「Dream Boy」所属のYURIKA嬢が努める。女の子のラッパーってライブ上手くない人多いからどうだろう?と思ったところ、さすがケンザ氏に認められただけあり、ラップもしっかり場を盛り上げてたました。このまま変に歌に走ったりせずラップを続けてもらいたいです。

さて、おまちかねKen the 390のステージ!ツインキーボード、ドラム、DJというバンド編成!これはこの前観に行ったケンザご本人も出演した、Finest Breaks & Beats Vol.2を彷彿とさせる組み合わせ!生バンド+ヒップホップいいんだよね。

まさかの「Shock Feat. SKY-HI, KREVA & MUMMY-D」で幕開けのライブ!ステージに4名が立ってて光が当たって曲が始まったのがむっちゃカッコいい!初っぱなからぶっ飛ばされました。
Kick時代を彷彿とさせるワイルドないでたちのKREVAを見たまわりの男子たちが「KREVAかっけー!」とため息交じりでざわついてました(笑) 確かにかっこよかったんだけども!

続いて「PROPS」!これを生でやったクレフェスは名古屋行ってて参戦できず悔しい思いをしたのですが、ここで観られてよかったな〜。

他、客演曲をはさみつつもちろんフリースタイルもばっちりきめて、最新アルバム「#7」のツアーということなので、そこからの曲中心にがっちりロックしていくさすがのKen The 390。

私的に一番よかったのは、昔のアルバム、2nd「My Life」(手前みそながら前に書いたやつ)からの曲やってくれたことでした。Deji氏が参加というので、もしや?と思ったらありました、「超・ラップへの道 Feat. Taro Soul & Deji」。この3名、大学の同級生だそうですよ。同級生でみんなラップ続けてるってすごいよなぁ。Deji氏のラップ好きなので生で見られたのはよかった。

同じく2ndアルバムから、1曲目でかましてくれたMummy D氏が参加で「H. I. P Feat. Mummy-D」!

言葉のケツ追っかけまわす 飽きたら別のケツなめまわす

を生で聴けるとは〜〜〜〜〜!そこから、竹内朋康氏を招き入れての「饒舌エクスプレス Feat. Taro Soul, Ken THE 390 / マボロシ」ですよ。盛り上がらないわけがない。

Taro Soul氏は今回のライブ4曲も客演されてて、私、今回のライブ行くにあたって過去アルバム予習してたんだけど、そのときしみじみ「タロケンはまじで相性いい、またアルバム作ってくんないかな〜」と思ってたので、2人をいっぱい観られてよかったです。

Ken the 390氏の途中で入る、クサイとカッコいいの一歩手前なトークも、キメきれなくてかっこ悪くなるところが彼の魅力で面白いです。Hiphopのアーティストはクラブイベントでライブやることが多いからなかなかライブが観られないんだけど、3rdアルバム発売イベントのとき(7年前(汗))に「いつかデイタイムでワンマンやってください」って伝えたんだけどw それからちゃんと実現したのはすごいよなぁ。おかげで、彼のライブもこれまで結構な回数観られていてありがたいです。
今回のライブで自分でもおっしゃってましたが、やっぱこの人は本当にラップが好きで、そんなラップが好きな人のラップを生で聴くのが好きなこちらとしても、今後も体力が続く限り楽しませてもらいたいと思った次第です。おばちゃん、がんばったよ!w

かなり前に書いたやつが下書きから出てきたので載っけてしまう。

DREAM BOY 〜ある晴れた日の朝に〜

Ken The 390の7枚目(ミニアルバム含む)のアルバムで、自身のレーベルDREAM BOYを立ち上げてのアルバムということで気合いが伺えます。その甲斐あって、彼の最高傑作なのは間違いないです。こんなに成長がハッキリ見られるアーティストは応援しがいがありますなー。

彼の何がいいかって、言葉がハッキリ聞こえるとこ。日本語でやってるんだから、歌詞はちゃんと理解したいじゃないですか。あと、普通のことをラップしてるのが聴いてて安心できる。こんな世の中、歌で悪い事なんか聴きたくないしね。ラップっていうと、ブカブカなTシャツ着て悪そうな人がやってるイメージがありそうですが、この人はまっっっっっったくない。そんな自分のスタイルをつらぬいてる感じも好感が持てます。メッセージ性が強めなリリックがお好みな方には少々物足りなさはあるかもしれませんが、私は好きです。

あと、インディ?レーベル(なんだよね?)にありがちなアートワークが雑で誤字脱字だらけっていうのが、まったくないすばらしいクォリティ。文字組チェックにうるさい私ですが、このCDについてくるジャケ及び歌詞カードはうっとりと眺めてしまう出来です。

そんなこのアルバムの中で、私の好きな曲は、5.「Stay Gold」、7.「っていう立場です」、9.「パラダイス」かなぁ〜〜〜。ほかの曲も捨て曲なくて、ホントさわやかな(笑)日本語ラップアルバムです。HIPHOPとか聴かない一般の方々に自信を持っておすすめできます。

KREVA / Na Na Na

908フェスティバルは行ってません…。別方面に操立てて、ちょっと後悔している(涙)

そんなわけで新譜ですが、うーん、一聴したところあんまり好きじゃないかも…。シングルで好きじゃないのは初めてかもしれん。。。なんかこの曲、KILA KILAに近い感じがしたんだよね〜。KILA KILAはKREVA Prod. じゃなくてMAJOR MUSIC & HirOshima Prod.だったんだけど、それをKrevaが踏襲してできた感じを受けました。

しかし、しかし!カップリング曲の「No More Mr. NiceGuy Feat. KEN THE 390, AKLO」が良すぎてプラマイゼロってとこでしょうか。私の好きなKen The 390氏とKREVAの邂逅! 前のシングル 「OH YEAH」についてきた特典シングル「Props」でも競演してましたが、今回はカップリング曲とはいえ正規シングルというので興奮しました。

この曲は小悪魔的な女子に翻弄されてる男の気持ちがテーマになってるスロウな曲調で、前に私は、Ken The 390はメロウラップ合わないと書いたのですが、これはいい!クレジットみると、熊井吾郎氏メインのProd.なのかな?彼のやる曲、いいよねぇ〜。Ken The 390は熊井吾郎Prod.で曲作るべきと思った。

そして、特典DVDは、先述した「Props」のプロモーションビデオ。これはビデオ観たいと思ってたのでうれしい。今回のシングル、むしろメインはこちらだったといっても過言じゃない。トータル的なビデオの出来はいいと思いましたが、所々大きく出てくるフォントが安っぽいのがひっじょーーーーーーーに残念。OSデフォルトで入ってるようなフォントなんだもん。フォントにうるさい私はそれが気になって仕方なかった…。

今回のシングルの購入理由、ある意味、Ken The 390目当てのような気もしなくもないな〜。だって、ライブ行かなかったの後悔したのって、あの会場でKen The 390を観たかったなぁ〜って思ったからなんだよねぇ。なんだろうね、このえこひいきは(笑) でも、いずれのアーティストも応援していきたい所存です。以上。

2011ベスト5

ブログ更新、確実に息切れしたねー。CDとかも結構聴いてたし、ぼちぼち遊んでたんでネタはあったんだけど、記事にする気がなかった…。とりあえず、最後に一発いっときます。

つうわけで、自分的今年の良く聴いたアルバム+曲ベスト5を載せます。まじ、とりとめないw

続きを読む・・・

HMV横浜VIVRE@建設的

1991年から営業していて、輸入盤とやらを目にする様になったのもこの頃で私もオープン当初から通っていました。途中、横浜ルミネに出来たTAHARA(現在閉店)、モアーズにあるタワレコにも浮気しましたがw トータルで一番買ってる店はHMVさんでした。私の音楽の歴史と共に歩んだと行っても過言ではないお世話になりっぷり。
続きを読む・・・

Beat Connection 1日目参戦!

タイムテーブル

途中から観だしたので、身を入れてみた人の感想だけザッと。

  • Jay’edよかった。この人、いい曲に出会えばもっと大化けするかもしれない。
  • Little はRAPが上手いと改めて思った。CD買おうかな。
  • さかいゆう、MJのRock With Youカバーなど。
  • スガシカオのゲストに、Mummy-D!ファンも多くて年齢層広いけど、通路に出てきてマナー守れてない人がいて残念。
  • 今回一番の健闘賞!と思われる、Ken The 390!上手くお客さんを盛り上げて、自分の領域に持ってっていた。ひいき目にみなくても素晴らしかった!
  • KREVAファン、多かったなー。半分くらいKREVAファンだったんじゃないかしら。かも→ストロングスタイル→成功→THE SHOW(Remix)→アグレッシ部→Have a nice day→新曲
  • AK-69でTokona-Xを思い出す。(11/22はTokona-Xの命日だそうだ)
  • Zeebraは、フルバンド形式でなんか新鮮だった。”Jackin’ 4 Beats”が聴けたんで満足。傍らで奥様(細い!)が観られていたのも目撃しました。
  • スチャダラパー、ゆるい!ゆるいよ〜!
  • 久保田利伸、神の領域! La La La Love songからはじまって今度出るアルバムに収録予定の曲をやったが、それがSWVの「Rain」のカバー!グッときたねー!他、M☆A☆G☆I☆Cで、Kreva召還!盛り上がる!Missingもやったし、Love Rainもやった。観客総立ち、さすがのトリでした。

長丁場ではありましたが、テンポよく進んでいって中だるみもなかったので、大した疲れもなく観られました。2日目も行きたかったわ!

2008年ベストは?

今年は、大してレビューも書いてないけど、CDもそんなに買ってないことに気づいた。20枚いってないな。
リミックス集とかアンリリースドとかばかり買ってたので、新譜はホントに厳選してしか買ってないのでした。

中でも良かったと思われるのは、Ashanti / The Declaration かな〜。
もちろん Dave Hollister / Witness Protection も素晴らしかった。
Keith Sweat / Just Me もKeith節は安定してて良かったし、
Kay B / Look No Further はさわやか系でまあ聴いたな。

Hiphop勢は、Keith Murray / Intellectual Violence と Puff Puff Pass
Pete Rock / NY’S FINEST
あたりか。

日本ものは、やっぱしKen The 390 / Fantastic Worldくらい?

ただ、これらよりも過去作を聴いてしまうのですよ。残念ながら!

更新意欲が無さ過ぎ?

更新するタイミングを失ってたので、思い出したように更新。
ここ1ヶ月くらいで買ってよかったCDの感想など。

Ken The 390 / Fantstic World
とうとう本格メジャーデビューらしい。相変わらず聞き取りやすいラップで良い。「I Gotcha」と「Flow」が好き。

Kay B / Look No Futher
なんだかさわやかだと思ったらUK R&Bです。どうも日本のレーベルが青田買いした模様?。「Groove Thang」とか胸キュン系で、完全Ne-Yo後釜狙いな感じも否めないが、悪くない。

D.I.T.C. / Unreleased Production 1994
相変わらずかっこよすぎ。これがなんでアンリリースドだったのかなぁ〜。聴いたら首を前後に振らずにいられない。

D.J.Boogie Blind Of The X-Ecutioners / DEFINITIVE D.I.T.C.
D.I.T.C.周辺の曲をミックスしたお得なCD2枚組。通しで聴いて確実にアがる。Big Lの良さを再確認。惜しい人を亡くしたな、ホント。

これだけは

残業で、22時近くに帰宅になろうとも!
今日届いたCDのうちこれだけはエンコードしておくっっっ!

あとの5枚は後々聴きます。

TARO SOUL & KEN THE 390 / Grand Closing

続きを読む・・・

To Top