K-Ci / My Book

良盤!

K-CIのソロです。Jodeci、K-Ci&Jojoと来て満を持してですね(厳密にいうともっと前にソロは出してたそうですが)

Jodeciっぽい曲もあって、Aaron Hallも参加した「Much Too Soon」は、濃ゆい仕上がりの名曲です。何度も聴いちゃう。他、佳作ぞろいで飛ばして聴く事もないお得な1枚になってます。
K-Ci&Jojoは、なんとなくいかにもな感じがして、飽きてたんですが、このソロ作は良いですね。
歌バカ全開のK-Ciがお楽しみいただけます(笑)

Fantasia / Free Yourself

アメリカンアイドルという、むこうで大人気のオーディション番組の第3代優勝者ということで、米盤は2年前にリリースされていてようやく日本盤でお目見えです。どうやら、K-Ci & Jojoのいとことのことです。
私、勝手に太めの声で歌い上げる系なのかと思ったら意外とそうでもなく、なんとなく声が好きじゃないのです…。なんつーか、メアリーJ.になり切れてない(本人もそれは狙っちゃいないと思いますが)というか…。
高音張り上げるところが「ん?」と感じてしまいます。またーり、歌う部分は気になんないんだけど。
曲自体は、粒ぞろいで非常においらの好みです。さすがミッシーやJDなど大物が手がけてるので駄曲ないっす。そのわりには、プロデューサー色がが全面に出てないあたり(つまり声のが全面に来てるのは)、彼女にオリジナリティがあるってことなのかも。

[Artist] Jodeci

Forever My Lady(1991)

スーツでびしっと決めて歌う男性ヴォーカルグループが多かったなか、ヒップホップなナリで本格的ヴォーカルを聴かせるグループでした。K-Ci と Jojo、DeVante Swing と Mr. Dalvin の二組の兄弟で形成されていて、後にK-CiとJojo兄弟はデュオとしてキャリアを築いていきます。つーか、K-Ci & Jojoとしてのキャリアのが長くて有名ですね。

続きを読む・・・

To Top