DaveがBSに復帰!?

これ先月にやったライブらしいんだけど、BlackStreetのリユニオンに、Daveが参加してる!
これで日本来てくんないかなー!
そしたら、日本でやるライブ、破産覚悟で全部観に行くのに。

ライブ週間

先週は、月曜と土曜にミッドタウンまでライブを観に行くはめに。
あいかわらず六本木はアウェイだぜ。

2/9(月)Avant
月曜の早い時間ということもあり、私も仕事を早退して参戦。
人の入りもイマイチ。空席もややあった。
本人登場も、なんか筋肉のつき方がバランス悪い…。
顔は悪くないんだけどなぁ。
エロい仕草をするんだが、どーしても笑ってしまいそうに。
日本のファンは君にはそういうの求めてないんじゃないの?
と言いたかった(笑)
ライブ自体は、まったりと流れて良い感じでした。なんか癒されたわ。
コーラスで参加してた男女も上手くてよかった。

2/14(土)Blackstreet
2ndアルバムのメンバーでのリユニオンで来日ということで、期待高まる!
Teddyの人気は絶大でした。登場シーンでも「テディー!」の歓声ばかり。
しょっぱなヒット曲バシバシでいやおうなしに盛り上がったわー。
私はやはりDaveびいきということもあり、1stが好きなので、「Daveもいないし、1stからはあんまやんないかな?」と思っていたけど、結構やってくれたのはうれしかった。
メンバーのChauncy Blackはワイルドな見た目でかっこよかったし、Mark Middletonの歌声やべぇ。
が!、「Before I Let You Go」をEric Williamsがリードで歌ってくれたんだけど、Daveの原曲がうま過ぎて少々残念な感じに。Daveがうま過ぎるだけで、Ericは悪くないんだけどもねー。
Blackstreetのナンバーだけでなく、Teddy’s Worksメドレーとかもやってくれて、オーディエンスは狂喜乱舞。
「Go Teddy! Go Teddy!」と叫ぶアラフォーどもの大喜びな選曲で、老若男女歌えや踊れの大盛り上がりでした。
やっぱしTeddyはすげかったよ。

最強プレイリストを作っている

普段音楽垂れ流しなので、iTunesでランダムに曲を聴きながら気に入った曲にはレートをつけてます。
やはり男性Vo.のミディアム〜スロウが好きなので、そればっかりのプレイリストを作ろうと思い、かたっぱしからざくざく聴いてます。しかし、iTunesのパーティーシャッフルはたいしてシャッフルされないのはなぜなんだろうか…。何度もおんなじのかかったりすんぞ。
そんななかで、
いまのところレート★★★★★が付いてたのはこちら(一部抜粋)。

Avant / This Is Your Night:Director [2006]
Blackstreet / Before I Let You Go:Blackstreet [1994]
Bobby Valentino / My Angel (Never Leave You):Bobby Valentino [2005]
Dave Hollister / Tell Me Why:Things In The Game Done Changed [2006]
Frankie / Dear Love:My Heart Belongs to You [1997]
Jesse Powell / I Didn’t Realize:JP [2001]
Joe / You Should Know Me:Ain’t Nothin’ Like Me [2007]
Mint Condition / If You Love Me:Life’s Aquarium [1999]
Tevin Campbell / I’ll Be There:Back To The World [1996]

以外と、自分が好きだと上げてるアーティスト(Keith SweatとかR. Kellyとか)の曲の評価は★★★★止りだな。
やけにJesse Powellの評価が高い俺…。彼、今どーしてんでしょうか。新譜でないのかなぁ。

Dave Hollister / The Definitive Collection

私の最も好きなアーティスト、Dave Hollisterのベストアルバムが出たー!
つうわけで、ほぼ持ってるにもかかわらず、買ってしまいました。
ソロ作の他に、自身が所属していたBLACKstreetやForce One Networkの曲もあり、充実の内容となってます。収録曲は納得の内容でした。(曲リストは「続きを読む」にて)

続きを読む・・・

[Artist] Dave Hollister

間違いなくベスト1男性ヴォーカリストです(キッパリ)。

牧師の息子でゴスペル経由というのも納得な声をしてらっしゃいます。下積みも長くて、アップタウンというかP.Diddyに拾われてたこともあり、Mary J. をはじめいろいろな人のバックコーラスなど裏方仕事を経て、今度はTeddy Rileyに認められ晴れて表舞台のBlackstreetへ加入。しかし、よくある音楽性の相違と金銭面での不満などで2年で脱退。
その後はソロで活動し、Def Squad, Motownなどのレーベルを渡り歩いています。
この人の歌はマジで「声」が売りなので、プロデューサーに左右されない珍しい人であります。細く長く活動を続けてほすぃです。

続きを読む・・・

[Artist] Blackstreet

一時代を築いたプロデューサーTeddy RileyがGuyに続いて率いたグループ。1stでは、Dave Hollisterがメインボーカルを務めてます。なので、1stが一番好きなのですが、2nd、3rdも捨てがたい。4thはTeddy節が発揮されてない感じで残念。

続きを読む・・・

BEST Artist20とAlbum20(R&B)

というわけで、意外にも早く実行。
とある師匠に「ベストアーティスト20とアルバム20を教えて!(R&B限定で)」と宿題を出されたので提出しました。
ここではそれの補足をしますー。といっても大したことは書きませんが。いちおー、リストアップしたのはこちら。

◆ベストアーティスト
複数枚albumを出してて、それらのalbumをほぼ全部持ってる人中心です。

続きを読む・・・

BLACKSTREET/Greatest Remixes +1

タワレコ限定企画盤のブラックストリートのリミックス集。幻の作品と言われた、「I Like It」が初収録ということでそれだけでも価値あるかと思われます。
Teddy氏のうまみはリミックスにもあり、原曲とはまた別物になってたりするので面白みがあります。Teddy本人がリミックスするのって、元の曲を作ってるときにアイディアが溢れて、採用されなかったのを改めて試す感があるから、完成度が高いんだと思うなー。

★★★★★★★★

BLACKSTREET/Level II

Teddy氏、待望の復活盤!
今回は第2期メンバーをメインに、おいらの大好きな初期メンバーでもあったDave Hollisterも参加していて、それだけでもおいしい盤ではあります。

Daveは、アコースティックで素敵な曲「Bygones」で参加。メインVo.を食わないように控えめに歌ってるDaveも魅力的です。やっぱし、DaveはサイコーのVo.ですわ。

最初聴いたとき、期待が大きすぎたため出来としては「並」と思っていたのですが、今、改めて聴いてみると並よりは上です。
ちゃんとアップだけど、キュンとする曲たちは健在で、健全?なエロさも適度にあります。
でもね、完全復活とは私は認めないぜ。Teddyならもっと…と思ってしまうのはファンの欲目かしら?

★★★★★★★★

To Top