Jay-Z / Kingdom Come

引退宣言撤回のJay-Zさんの復帰アルバムですよ。
まぁ、あれです、悪いはずがなく、キング復活にふさわしい出来。
世紀のビッグカップルな彼女のビヨンセをはじめ、John Legend、Ne-Yo、Usher、Pharrell等のキングならではの面々が参加してます。
先行シングルの「Show Me What You Got」はカッコイイなー。さすがだなー。
あと、日本盤ボートラに「Can’t Knock The Hustle」のライブ版が入ってるのですが、それにfeat.してるのがオリジナルのメアリーねえさんじゃなくて、ビヨンセだったやつもそれはそれでよかったっす。

続きを読む・・・

Beyonce / B’Day

注目のビヨンセのセカンドアルバムですー。発売1ヶ月後にようやく入手。
今回はイケイケ風が多くて、しっとり目は少ないっすね。そこが不満かなぁ〜。アルバム的には前作のが好きですがね。さすがビヨンセな出来ではありますが。
とりあえず、ビヨンセがガンガン叫びまくりなので、通しで聴くとつらいかも。まぁー、なんだかんだで一番叫んでると思われる「Ring The Alarm」は結構好きです。スウィズ萌え〜なので。
そして、唯一のfeat.ゲストのJay-Zのラップはやっぱしいいですのぉ。

出荷枚数多そうだから、半年後ぐらいにブックオフに大量にありそう。そうなってから買っても問題なさそーです。

CASEとBEYONCE

イイアルバムですよ

iTunes Music Storeでミュージックビデオを物色してたら、
CASE / Happily Ever After
を見つけたんだけど、なんと共演女優は今を時めくBEYONCEですよ。すげ〜、今じゃありえないですね。コレ。Happily…が出たのが、1999年なので、7年前かー。この頃からビヨの美しさは抜群ですね〜。これに起用した人、先見の明あるなー(笑)
で、探してみたら、やっぱりYouTubeにありやした。
CASE / Happily Ever After [VIDEO]

つーか、CASE君のこと結構スキだったんですが、今はすっかり見る影ないですね。ショービズ界の世知辛さつうか、そんなものを感じてしまいました。

JAY-Z in Fade To Black

2003年11月にマディソン・スクエア・ガーデンでやったJay-Zの引退ライブの模様を収めたDVDでございます。ここでヒップホップのライブが行われるのは珍しいことで、まさにヒップホップ史上最高の夜だそうですよ。DVD自体の構成は、ここまでの道のりを振り返りながらのラストアルバムの制作風景を織り交ぜつつ、ライブとシンクロしていきます。ライブもレコーディング風景もゲストが超豪華。

続きを読む・・・

MTV Video Music Award 2003

MTV Video Music Awardを観た。レッドカーペットとかって向こう独自だよねぇ。豪華でお祭りって感じがいいっす。
いろんな人のライブがあったんだけど、、、。
50Centはライブ下手だな〜。ぼそぼそ系ラップだから声張るのが難しいのかも。そして私は奴が嫌いだ(特に口元)。
その後にアギレラにfeat.されたRedmanのラップを聴いたら、キャリアの差がハッキリと見えたよ。RedmanはCDのまんまだ。アギレラが弱く聞こえたくらいだし。(Redmanが口パクってことはあるまい)
で、Maryねーさん、さすがカッコイイっす。Love @ 1st SightではMethod Manもちゃんと出たし(このラップも旨い)、Let Me Be The 1では、feat.されてた50Centも参加で豪華なライブでした。
それから、Beyonce。中近東コスチュームで逆さ釣りで登場。頭に血は昇らんのか?Crazy In LoveとBaby Boyを唄ったんだけど、Crazy…では彼氏のJay-Zがパフォーマンスしたけれど、Baby BoyでFeat.されたSean Paulは会場に来てて、自身のパフォーマンスしたにもかかわらず、このBeyonceのライブではDATかなんかで声は聞えたけど本人は参加せず。なんかのしがらみか?
このBaby Boyのビデオ撮影でも、BeyonceとSeanが一緒に写らないようにとJay-Zからのチャチャが入ったらしいしなぁ。
とりあえず、アーティストのいろいろな関係が見れて面白かった。

BEYONCE/dangerously in love

デスティニーズ・チャイルドの顔なビヨンセのソロ作です。デスチャのようにバキバキパワーのある感じかとおもいきや、ラ〜ブが漂うソウル溢れる作品でございました。
ハッキリ言って私はこっちのビヨンセのが好きだ。

私はピーンとくる曲を聴くと、なんだか知らんが絵を描きたい衝動に駆られるのですが、今回もしかり。まぁ、実際に書きはしないんですがね。
アップもスロウもまとまっててよいです。きょうびありがちなプロデューサーに寄りかかったような曲もなく、すべてビヨンセ色。さすがセルフ・プロデュースをこなすだけあります。
しかし、私が一番好きな曲はMissy Elliott Prod.の「Signs」だ(汗) でも、これ全然ミッシーっぽくない。しっとりまったりな曲なので私好みなのでした。 星座の唄で、ビヨが乙女座で射手座の男に恋をしたのと歌ってるんですが、噂のJay-Zは射手座なのか?(12/4生れで射手座だ!)

そのラブラブな相手(と思われる)Jay-Z参加曲が2曲。アルバム自体も「私、恋してます」系なので、なんつーか当てられっぱなしですよ!(笑)

しばらくヘビローな予感。

To Top