中島 道子/濃姫と煕子

信長の妻と光秀の妻のお話。実に興味深かった。
濃姫(奇蝶)は嫁ぐ前に光秀と関係があり、想いを引きずったまま信長のもとへ。というとこから始まる。
濃姫は最期まで光秀を忘れずにいて、しかし信長の正室として在り続ける。
煕子(ひろこ)は、光秀との縁組が決まった後に疱瘡にかかり、顔におぞましい痕を残してしまう。しかし、光秀の元へ嫁ぎうまくやっていく。
しばらくして光秀と濃姫のことを知り、複雑な心境に。たびたびそのことが気になる…。

続きを読む・・・

阿井 景子/濃姫孤愁

タイトル通り、悲しめ。なんか救いがない…。
朝っぱらから読んで、なんとなく沈んだ気分になる。
謎が多い人だけに、なんでもありなのかなー。
でも、これが事実かもしれないし。。。
も少し濃姫関連の本を読んでみようっと。

To Top