功名が辻!あと3回

残すところ、あと3回です。
ドラマ、オリジナル設定きちゃいましたね〜。六平太がねぇ。
小説で、あのグダグダの終盤だったのをこのドラマではどう持っていくのかと思ったら、こういう展開かー。すげーわ。
最後まで、楽しみに観ます。

公式サイトで、脚本家の大石静さんによる「大石静とラストラン」というコラムでなかなか興味深いことが。
<三成の正義が疎んじられる社会>の『筋の通った人間は天下を取れない』っていうところ。光秀と三成を例に上げていってるんですが、大石さんは「家康は偉大だけど、人間としては彼らのほうが好き」って書いてあって、この辺りはおいらも同意だなと思いました。

大河「功名が辻」が面白い

大河ドラマの「功名が辻」が面白すぎです。今、あわせて原作を読み返してるのですが、原作と大分話を変わってますが、あれはあれでアリでしょー。

特に、この前の20話「迷うが人」は良かったな〜。今回の話はキモになってると思います。
「迷いがないのは上様だけでござる」という光秀の心情描写がいい感じでした。本能寺への布石ですな。このドラマ、光秀×濃姫説を取り入れてるんすね。このエピソードは話を面白くしとります。
あと、信長が殺せと命じた、黒田官兵衛の嫡男松寿丸が一豊の手によって(というか千代の手によって)密かに生かされていて、
「松寿丸さまは生きています」と一豊が言ったときの舘信長の演技が素晴らしかったです。それから、林と佐久間を追放するときも「あれじゃー、誰も逆らえないよ」というくらい迫力あっなかなかイイです、舘信長。

現時点で、原作だとまだ全4巻の中の1巻分しか話すすんでないんだけど、この後はどーなるのか楽しみだわ〜。

功名が辻おもしろいっすね

毎週かかさず見ています。
原作と設定がえらく違うのですが、それはそれで楽しんでますよ。
あの時代なのに、色恋沙汰でまわりが動いてることにやや無理がありますが、それはそれが面白いですね。一豊と千代が結ばれるとこはドラマチックすぎでしょ!(…まぁ、ドラマなんですけど)
史実通りのを期待してる人がいたら「そりゃねーだろ!」とツッコミ入ってる事でしょう。
私も信長絡みで、あんだけ違う事されてたら「納得いかねー!」とか言ってるかも。
お市が「お兄さま主義」な設定も大地「お市」真央と舘「信長」ひろしじゃ、イマイチ萌えねぇし(笑) でも、その設定にしといたほうが後々のお市が浅井に嫁に行った後の話を面白くする事ができるんだろーなぁ。
来週、千代とお市の絡みもあるらしいし、同じ嫁としての立場みたいなことが描かれるような予感。

あ、公式サイト観てて驚いたんですが、足利義昭の役が三谷幸喜なのね!NHK、三谷幸喜を囲う作戦ですか!?

To Top