声で決まると思う

どんなにいい曲でも歌ってる声が好きじゃないとダメだー!というわけで、最近シャッフルで聴いてて、やっぱこの人の声好きだわ〜と改めて思い直した人を上げてみます。

まずは、Jesse Powell。この「You」を全米トップ40で聴いて彼のアルバムをチェックするように。低い声もいいんですが、ちょっと高めのビブラート効いたとこがたまらんです。4オクターブの音域を生かして、抑揚のある表現にやられます。最近全然活動してる様子がないのが残念です…。いつまでも新曲待ってます(涙)

Frankie。この人は知る人ぞ知るって感じだろうなぁ〜。この「Dear Love」収録された、”My Heart Belongs To you”というアルバムは、Chucky Thompsonプロデュースなのもさることならがら、やはり彼の泣きのヴォーカルあっての最高傑作。15年前の作品だけど、いまだに聴いてます。彼もなぁー、これ1枚で消えてしまったんだよぉおおおおおお(涙)(涙)(涙)

そして、Mint Condition。この「What Kind Of Man Would I Be」もJesseと同様、全米トップ40がきっかけだなー。バンドスタイルで長く続いているグループで、メインVo.のStokleyの声はさわやかだけどセクシーで、キュンキュンしますなぁ。アルバムも8枚出してて、毎度安心して聴ける抜群の安定感。彼らのライブを観たことあるんですが、バンドスタイルはパワフルでよかったけど、歌だけメインというわけではなかったので、歌メインで再度ライブ観てみたいなぁ。

…とめぐってみたけど、全部90年代後半の曲だね。この手の音楽聴き始めのころのアーティストって印象に残ってるんだなぁと思った次第です。

次はラッパー編を考えてみるかな。

Rock of Ages観てきました

メアリーねえさん観たさに行ってきました。PG-12かなんかだったので、上映館数も少なく、ほぼレイトショーだったので観られる場所探すのに苦労したわ。早起きして、丸の内ピカデリーまで行ってきたよ。

トム・クルーズがカリスマ・ロッカー役で出てるっていうのと、人気ドラマのGleeと同じ音楽監督がやってるあたりが話題の映画ですが、その辺はどーでもよかったのでなんも考えずに観れました。

ストーリーは、歌手を夢見て田舎から都会に出てきたねーちゃんが、男の子と出会って恋をして、あこがれのライブハウスで働けることになって、傷ついて、挫折して、ライブハウスの経営の危機に陥るけど、最後にはすべて大団円〜というのを、ロックミュージカルで展開していきます。私は原曲のロックがわかんないんですが、既存の有名ロック曲にストーリーに合わせた歌詞をつけて歌ってるようでした。映画オリジナルもあるのかな? とにかく超分かりやすい進行、オチなので、観た後のモヤっと感がなかったのもいいですな。

↑の絵だとあんまりですが、主人公の女の子がかわいい!日本向けはトム押しですが、彼女のかわいさ全面に出してもよかったんじゃないかな〜。写真探してみたけど、映画内ほどかわいいのが見つからず…。動いてるほうがかわいいのかも。

トム・クルーズをよくあんな役やらせたな〜と感心しきりのカリスマ・ロッカー役。ぶっとんでました。あと、キャサリン・ゼタ・ジョーンズの反ロック・ミュージックのうるさがた主婦もいかしてた。ほかの周りのキャラクターとかもよかったなー。憎むべき役がいないってのが平和でいい!

やはり、やはり、メアリーねーさんは予想を裏切らず、かっこよかった〜!ストリップ劇場のオーナー役で、姿より先に歌声が聴こえてきたんですが、それだけでもう興奮状態。劇場で働く主人公に「あんたは愛を求めてる、ここには愛はないわよ。」(たしかこんな感じのせりふだった)にしびれたわー(笑)

久々に観た映画でしたが、大変満足のいく映画でございました。これ、もっと多くの人に観られてもいいんじゃないかなー?

かなり前に書いたやつが下書きから出てきたので載っけてしまう。

DREAM BOY 〜ある晴れた日の朝に〜

Ken The 390の7枚目(ミニアルバム含む)のアルバムで、自身のレーベルDREAM BOYを立ち上げてのアルバムということで気合いが伺えます。その甲斐あって、彼の最高傑作なのは間違いないです。こんなに成長がハッキリ見られるアーティストは応援しがいがありますなー。

彼の何がいいかって、言葉がハッキリ聞こえるとこ。日本語でやってるんだから、歌詞はちゃんと理解したいじゃないですか。あと、普通のことをラップしてるのが聴いてて安心できる。こんな世の中、歌で悪い事なんか聴きたくないしね。ラップっていうと、ブカブカなTシャツ着て悪そうな人がやってるイメージがありそうですが、この人はまっっっっっったくない。そんな自分のスタイルをつらぬいてる感じも好感が持てます。メッセージ性が強めなリリックがお好みな方には少々物足りなさはあるかもしれませんが、私は好きです。

あと、インディ?レーベル(なんだよね?)にありがちなアートワークが雑で誤字脱字だらけっていうのが、まったくないすばらしいクォリティ。文字組チェックにうるさい私ですが、このCDについてくるジャケ及び歌詞カードはうっとりと眺めてしまう出来です。

そんなこのアルバムの中で、私の好きな曲は、5.「Stay Gold」、7.「っていう立場です」、9.「パラダイス」かなぁ〜〜〜。ほかの曲も捨て曲なくて、ホントさわやかな(笑)日本語ラップアルバムです。HIPHOPとか聴かない一般の方々に自信を持っておすすめできます。

UNITED NUDE

一目ぼれしてしまいました。UNITED NUDEの靴! Eamz Milanという名前の通り、あのイームズチェアがモチーフになっとります。このブランドのディレクターさんが建築学をやってたからこういう発想が生まれたんだとか。ヒールに特徴があるのがやばーい。底の部分もちゃんと木だし、グリーンのレザーも渋くていい感じです。

履き心地はウェッジソールっぽい感じなので、ヒールは高めだけどそんなきつくない。つま先も丸いんでそんなに痛くないです。

続きを読む・・・

KREVA / Na Na Na

908フェスティバルは行ってません…。別方面に操立てて、ちょっと後悔している(涙)

そんなわけで新譜ですが、うーん、一聴したところあんまり好きじゃないかも…。シングルで好きじゃないのは初めてかもしれん。。。なんかこの曲、KILA KILAに近い感じがしたんだよね〜。KILA KILAはKREVA Prod. じゃなくてMAJOR MUSIC & HirOshima Prod.だったんだけど、それをKrevaが踏襲してできた感じを受けました。

しかし、しかし!カップリング曲の「No More Mr. NiceGuy Feat. KEN THE 390, AKLO」が良すぎてプラマイゼロってとこでしょうか。私の好きなKen The 390氏とKREVAの邂逅! 前のシングル 「OH YEAH」についてきた特典シングル「Props」でも競演してましたが、今回はカップリング曲とはいえ正規シングルというので興奮しました。

この曲は小悪魔的な女子に翻弄されてる男の気持ちがテーマになってるスロウな曲調で、前に私は、Ken The 390はメロウラップ合わないと書いたのですが、これはいい!クレジットみると、熊井吾郎氏メインのProd.なのかな?彼のやる曲、いいよねぇ〜。Ken The 390は熊井吾郎Prod.で曲作るべきと思った。

そして、特典DVDは、先述した「Props」のプロモーションビデオ。これはビデオ観たいと思ってたのでうれしい。今回のシングル、むしろメインはこちらだったといっても過言じゃない。トータル的なビデオの出来はいいと思いましたが、所々大きく出てくるフォントが安っぽいのがひっじょーーーーーーーに残念。OSデフォルトで入ってるようなフォントなんだもん。フォントにうるさい私はそれが気になって仕方なかった…。

今回のシングルの購入理由、ある意味、Ken The 390目当てのような気もしなくもないな〜。だって、ライブ行かなかったの後悔したのって、あの会場でKen The 390を観たかったなぁ〜って思ったからなんだよねぇ。なんだろうね、このえこひいきは(笑) でも、いずれのアーティストも応援していきたい所存です。以上。

ルパン三世展40+α

ルパン三世展40α

これも観に行ってました。8/25に行ったやつだけど今更載せとく。横浜髙島屋では9/3までやってた模様。ルパンのアニメ放送40周年の催しだったようです。

アニメの製作の原画とか、絵コンテとか、シリーズについての展示とか、実物大フィギュアとかモンキーパンチ氏の漫画原稿とかもありました〜。

アニメはシリーズ1は大人向けすぎてあまり一般受けしなかったので、シリーズ2で一般でも受けるように変えたってことですが、私も2が好きだなぁ。これの五エ衛門が一番かっこいい。ただ、五エ衛門の展示物があんまりなかったのが残念だったわー。

夏休み中だったので子連れが結構いたのですが、モンキーパンチ氏の漫画原稿が結構エロめなので、子供にはあまりよろしくないんじゃないのでは…?といらん心配をしてしまいました(笑) やはり、不二子ちゃんはエロっぽいですなー。だもんで、展示とか物販とかは不二子ちゃんが多めでしたね。

なかなか充実の展示だったので、あそこだけで終わるわけないと思い、調べてみたら全国まわってるみたいです。(期間はまちまちですが)ルパン好きな人なら観に行く価値あるんじゃないかなー。

9/1,2と渋谷ヒカリエホールで行われた、生誕25周年記念 FINAL FANTASY展にいってきました。私が行ったのは初日の1日のほう。2日間だけだから、すごい人かな〜と思ったら予想通りで2時間ほど並びました〜。客層は10代〜30代くらいと幅広く。夏休みラストだったけど、子供はあんまりいなかったな。やっぱ、並びもきついし、FFの良さはある程度年齢行かないと理解しづらいのかもね。

まず、ヒカリエの地下3階で、先週行った東急線FFクイズラリーのポスター(この25周年記念展のシンボルっぽい天野さんの絵)を引き換え、その後、受付のために長蛇の列に並びました。そこで1時間半くらい? 受付で紙製のリストバンドをつけてもらい、エレベーターで11階へ。そこで20分ほど並び、下りエスカレーターへ誘導されて9階のヒカリエホールの展示場入り口(チョコボの置物がお出迎え)で10分くらい並びました。入り口で25周年記念展パンフ2,000円を購入し、100人くらい?づつで入場制限をして入りました。展示ブロックごとに時間を区切られて見学します。

続きを読む・・・

テスト

うちのパソコンの調子が非常に悪い。OS入れ替えしないと…。

R. Kelly / Write Me Back

あー、この人はやっぱしやってくれるなぁ。ひっさびさに打ちのめされたアルバムがこれです。ディスコからステッパーズからいろんな曲やってもどれもパーフェクト。アップもスロウもすべてR. Kelly節です。しびれるわー。

なかでも、美メロな「Clipped Wings」がたまんないです。ピアノから静かに展開されての弦楽器、サビの入りの「えんだぁ〜い…(もしくは、べいびぃあ〜い…)」の部分で心臓がギューってなる。最後のアドリブパートでノックアウト。しかも歌詞まで美しいときた。(クレジットみたらWaryn Campbellと共作なのね。私の琴線に触れる筈だわ)

R Kelly – Clipped Wings – YouTube

続きを読む・・・

世界一好きなヴォーカル

Dave Hollister – Baby Do Those Things – YouTube

良さを再認識する為にひさびさにDave Hollisterを聴きなおしている。文句なしに、声も歌唱力も世界一好きです。

死ぬまでに一度でいいからライブを観て見たいものです。つーか、むしろ、観られたら死んでもいいや。悔いない。

My Site

To Top