#‎ケンザワンマン Tour 2014 Final

昨日、行って参りました、ケンザワンマン@Liquidroom Ebisu。ひさびさにここに書こうと思って、無い文章力総動員で書いてます。まとまんねーからすげー長いし…。

9月上旬ぐらいにやっていたKen the 390ご本人がやっているUstreamの番組を観てて、この人やっぱラップ上手いなぁ、ライブ観たいな〜と思って、勢いでチケットを取ってみました。

客層はやはり20代中心で男女比は結構均等だったと思う。スタート時間が近づくにつれて会場はぱんぱんに。私はステージ向かって右側のちょっと見づらい位置におりました。

フロントアクトは、Ken the 390自身が起こしたレーベル「Dream Boy」所属のYURIKA嬢が努める。女の子のラッパーってライブ上手くない人多いからどうだろう?と思ったところ、さすがケンザ氏に認められただけあり、ラップもしっかり場を盛り上げてたました。このまま変に歌に走ったりせずラップを続けてもらいたいです。

さて、おまちかねKen the 390のステージ!ツインキーボード、ドラム、DJというバンド編成!これはこの前観に行ったケンザご本人も出演した、Finest Breaks & Beats Vol.2を彷彿とさせる組み合わせ!生バンド+ヒップホップいいんだよね。

まさかの「Shock Feat. SKY-HI, KREVA & MUMMY-D」で幕開けのライブ!ステージに4名が立ってて光が当たって曲が始まったのがむっちゃカッコいい!初っぱなからぶっ飛ばされました。
Kick時代を彷彿とさせるワイルドないでたちのKREVAを見たまわりの男子たちが「KREVAかっけー!」とため息交じりでざわついてました(笑) 確かにかっこよかったんだけども!

続いて「PROPS」!これを生でやったクレフェスは名古屋行ってて参戦できず悔しい思いをしたのですが、ここで観られてよかったな〜。

他、客演曲をはさみつつもちろんフリースタイルもばっちりきめて、最新アルバム「#7」のツアーということなので、そこからの曲中心にがっちりロックしていくさすがのKen The 390。

私的に一番よかったのは、昔のアルバム、2nd「My Life」(手前みそながら前に書いたやつ)からの曲やってくれたことでした。Deji氏が参加というので、もしや?と思ったらありました、「超・ラップへの道 Feat. Taro Soul & Deji」。この3名、大学の同級生だそうですよ。同級生でみんなラップ続けてるってすごいよなぁ。Deji氏のラップ好きなので生で見られたのはよかった。

同じく2ndアルバムから、1曲目でかましてくれたMummy D氏が参加で「H. I. P Feat. Mummy-D」!

言葉のケツ追っかけまわす 飽きたら別のケツなめまわす

を生で聴けるとは〜〜〜〜〜!そこから、竹内朋康氏を招き入れての「饒舌エクスプレス Feat. Taro Soul, Ken THE 390 / マボロシ」ですよ。盛り上がらないわけがない。

Taro Soul氏は今回のライブ4曲も客演されてて、私、今回のライブ行くにあたって過去アルバム予習してたんだけど、そのときしみじみ「タロケンはまじで相性いい、またアルバム作ってくんないかな〜」と思ってたので、2人をいっぱい観られてよかったです。

Ken the 390氏の途中で入る、クサイとカッコいいの一歩手前なトークも、キメきれなくてかっこ悪くなるところが彼の魅力で面白いです。Hiphopのアーティストはクラブイベントでライブやることが多いからなかなかライブが観られないんだけど、3rdアルバム発売イベントのとき(7年前(汗))に「いつかデイタイムでワンマンやってください」って伝えたんだけどw それからちゃんと実現したのはすごいよなぁ。おかげで、彼のライブもこれまで結構な回数観られていてありがたいです。
今回のライブで自分でもおっしゃってましたが、やっぱこの人は本当にラップが好きで、そんなラップが好きな人のラップを生で聴くのが好きなこちらとしても、今後も体力が続く限り楽しませてもらいたいと思った次第です。おばちゃん、がんばったよ!w

不離威騎!

名古屋おもてなし武将隊、ミニアルバム 不離威騎!(ふりいきー!)
2014年10月29日発売!

「不離威騎!」ミュージックビデオ&ジャケット公開!初披露決定!!
名古屋おもてなし武将隊/不離威騎! [CD+DVD]<初回限定盤> – TOWER RECORDS ONLINE
名古屋おもてなし武将隊/不離威騎!<通常盤> – TOWER RECORDS ONLINE

Nagoya Omotenashi Busho Tai celebrates 5th anniversary in Nov. 2014, They will release a mini album in 29th Oct.

声で決まると思う

どんなにいい曲でも歌ってる声が好きじゃないとダメだー!というわけで、最近シャッフルで聴いてて、やっぱこの人の声好きだわ〜と改めて思い直した人を上げてみます。

まずは、Jesse Powell。この「You」を全米トップ40で聴いて彼のアルバムをチェックするように。低い声もいいんですが、ちょっと高めのビブラート効いたとこがたまらんです。4オクターブの音域を生かして、抑揚のある表現にやられます。最近全然活動してる様子がないのが残念です…。いつまでも新曲待ってます(涙)

Frankie。この人は知る人ぞ知るって感じだろうなぁ〜。この「Dear Love」収録された、”My Heart Belongs To you”というアルバムは、Chucky Thompsonプロデュースなのもさることならがら、やはり彼の泣きのヴォーカルあっての最高傑作。15年前の作品だけど、いまだに聴いてます。彼もなぁー、これ1枚で消えてしまったんだよぉおおおおおお(涙)(涙)(涙)

そして、Mint Condition。この「What Kind Of Man Would I Be」もJesseと同様、全米トップ40がきっかけだなー。バンドスタイルで長く続いているグループで、メインVo.のStokleyの声はさわやかだけどセクシーで、キュンキュンしますなぁ。アルバムも8枚出してて、毎度安心して聴ける抜群の安定感。彼らのライブを観たことあるんですが、バンドスタイルはパワフルでよかったけど、歌だけメインというわけではなかったので、歌メインで再度ライブ観てみたいなぁ。

…とめぐってみたけど、全部90年代後半の曲だね。この手の音楽聴き始めのころのアーティストって印象に残ってるんだなぁと思った次第です。

次はラッパー編を考えてみるかな。

かなり前に書いたやつが下書きから出てきたので載っけてしまう。

DREAM BOY 〜ある晴れた日の朝に〜

Ken The 390の7枚目(ミニアルバム含む)のアルバムで、自身のレーベルDREAM BOYを立ち上げてのアルバムということで気合いが伺えます。その甲斐あって、彼の最高傑作なのは間違いないです。こんなに成長がハッキリ見られるアーティストは応援しがいがありますなー。

彼の何がいいかって、言葉がハッキリ聞こえるとこ。日本語でやってるんだから、歌詞はちゃんと理解したいじゃないですか。あと、普通のことをラップしてるのが聴いてて安心できる。こんな世の中、歌で悪い事なんか聴きたくないしね。ラップっていうと、ブカブカなTシャツ着て悪そうな人がやってるイメージがありそうですが、この人はまっっっっっったくない。そんな自分のスタイルをつらぬいてる感じも好感が持てます。メッセージ性が強めなリリックがお好みな方には少々物足りなさはあるかもしれませんが、私は好きです。

あと、インディ?レーベル(なんだよね?)にありがちなアートワークが雑で誤字脱字だらけっていうのが、まったくないすばらしいクォリティ。文字組チェックにうるさい私ですが、このCDについてくるジャケ及び歌詞カードはうっとりと眺めてしまう出来です。

そんなこのアルバムの中で、私の好きな曲は、5.「Stay Gold」、7.「っていう立場です」、9.「パラダイス」かなぁ〜〜〜。ほかの曲も捨て曲なくて、ホントさわやかな(笑)日本語ラップアルバムです。HIPHOPとか聴かない一般の方々に自信を持っておすすめできます。

KREVA / Na Na Na

908フェスティバルは行ってません…。別方面に操立てて、ちょっと後悔している(涙)

そんなわけで新譜ですが、うーん、一聴したところあんまり好きじゃないかも…。シングルで好きじゃないのは初めてかもしれん。。。なんかこの曲、KILA KILAに近い感じがしたんだよね〜。KILA KILAはKREVA Prod. じゃなくてMAJOR MUSIC & HirOshima Prod.だったんだけど、それをKrevaが踏襲してできた感じを受けました。

しかし、しかし!カップリング曲の「No More Mr. NiceGuy Feat. KEN THE 390, AKLO」が良すぎてプラマイゼロってとこでしょうか。私の好きなKen The 390氏とKREVAの邂逅! 前のシングル 「OH YEAH」についてきた特典シングル「Props」でも競演してましたが、今回はカップリング曲とはいえ正規シングルというので興奮しました。

この曲は小悪魔的な女子に翻弄されてる男の気持ちがテーマになってるスロウな曲調で、前に私は、Ken The 390はメロウラップ合わないと書いたのですが、これはいい!クレジットみると、熊井吾郎氏メインのProd.なのかな?彼のやる曲、いいよねぇ〜。Ken The 390は熊井吾郎Prod.で曲作るべきと思った。

そして、特典DVDは、先述した「Props」のプロモーションビデオ。これはビデオ観たいと思ってたのでうれしい。今回のシングル、むしろメインはこちらだったといっても過言じゃない。トータル的なビデオの出来はいいと思いましたが、所々大きく出てくるフォントが安っぽいのがひっじょーーーーーーーに残念。OSデフォルトで入ってるようなフォントなんだもん。フォントにうるさい私はそれが気になって仕方なかった…。

今回のシングルの購入理由、ある意味、Ken The 390目当てのような気もしなくもないな〜。だって、ライブ行かなかったの後悔したのって、あの会場でKen The 390を観たかったなぁ〜って思ったからなんだよねぇ。なんだろうね、このえこひいきは(笑) でも、いずれのアーティストも応援していきたい所存です。以上。

R. Kelly / Write Me Back

あー、この人はやっぱしやってくれるなぁ。ひっさびさに打ちのめされたアルバムがこれです。ディスコからステッパーズからいろんな曲やってもどれもパーフェクト。アップもスロウもすべてR. Kelly節です。しびれるわー。

なかでも、美メロな「Clipped Wings」がたまんないです。ピアノから静かに展開されての弦楽器、サビの入りの「えんだぁ〜い…(もしくは、べいびぃあ〜い…)」の部分で心臓がギューってなる。最後のアドリブパートでノックアウト。しかも歌詞まで美しいときた。(クレジットみたらWaryn Campbellと共作なのね。私の琴線に触れる筈だわ)

R Kelly – Clipped Wings – YouTube

続きを読む・・・

世界一好きなヴォーカル

Dave Hollister – Baby Do Those Things – YouTube

良さを再認識する為にひさびさにDave Hollisterを聴きなおしている。文句なしに、声も歌唱力も世界一好きです。

死ぬまでに一度でいいからライブを観て見たいものです。つーか、むしろ、観られたら死んでもいいや。悔いない。

SWV / Show Off feat. A.X

SWV FT A.X "SHOW OFF" – YouTube.

最近のヘビロテ、SWVリユニオンの最新アルバム「I Missed Us」より"Show Off feat. A.X"が好きすぎてやばい。

このアルバム自体、90年代R&B好きにはたまらんのですが、この曲はベースラインがさらにたまらんです。こういう曲、昔っから好きだよなぁ。トラックはもちろんのこと、メンバー(特にCoco)の声に衰えがないのがすごい。ヴォーカルにスピーカーがビリビリすると同時にこっちの心までビリビリきます。

歌詞はこちら

8月に来日するようですが、今年度はライブ自粛中につき今度のやつも観れません…。今度こそ観たかったなぁ。。。

原点

TM NETWORK / ORIGINAL SINGLES 1984-1999

TM NETWORK / ORIGINAL SINGLES 1984-1999

懐かしくて涙が出そう…。TMの全シングル集のリマスター版。最近出たやつです。何度もベスト盤出てるけど、ショップがダブルポイントだったもんだから、つい買っちゃったよ。

私が初めてファンというのになったアーティストが、TM Networkでした。クラスの子に「Self Control」のCDを借りたのがきっかけだったなー。

決して歌唱力がずば抜けてるわけじゃないUTSUのヴォーカルですが、TMサウンドはUTSUの声あってこそなんだよなぁ〜。木根さんの美メロ、そして小室サウンドの原点がこれでしょう。あと歌詞が今聴いてもそんなに古くさくない。未来っぽい現実味がないのが多いからかしら。現実味がないからって感情移入できないわけじゃないのよ。メッセージ性はちゃんとあるし、かといって押しつけがましくないのが当時の若い私に合っていたのでしょう(笑)。

収録曲はCD3枚組で古い順にされてるようなのですが、私がツボなのは2枚目かなー。アルバムも「Human System」が一番好きなのでそのあたり。”Dive Into Your Body”までは追っかけてましたが、彼らが1年間活動休止しちゃったので、TMN以降は良く知らんのですわ。なので、3枚目は新鮮に聴けるかも(まだそこまで到達してない)。

一番好きなシングルは”Resistance“です。

しかし、久々にTMの聴いたけど、かなりの割合で口ずさめてる自分に驚き。意外と覚えてるもんだね。カラオケ行きたくなってきたよ。

久保田利伸 meets KREVA 音色

初めて観た。これすげー、やべー。鳥肌はんぱない。久保田 meets KREVA ってだけでもいいのに、生バンドで音色ってくるねー!これ、DVDかCDで欲しいわ。

To Top