風林火山まとめ視聴

松本・甲府の旅の興奮冷めやらぬところで、録画してたまった「風林火山」を4話分一気に観た。
用事あったりで観られなかったりとか、録画してるからいいかーと他の番組観たりとかでついつい4話も溜めてしまった。
ん〜、やっぱしいいなー。面白いなぁ。

やっと武田に仕官できたんですね、勘助ってば。着物をもらって喜んでる姿に萌えた(笑)
しかし、小綺麗になってきてるのがいかん。だんだん悪い顔になってきてるし。
あと、美人設定でいてほしい由布姫がびみょーなんだよな…。その辺が気になって今後の展開に水を差しそうな予感。だいぶ、フィルターかけて観ないと無理くさいわー。

風林火山いいっす!

昨年に引き続き、観てますよ、大河ドラマ。
最初、特に興味ない題材だったので、ふーんって感じで観てましたが、山本勘助@内野氏のかっこよさにはまり、役者陣もすばらしいし、話もだんだん面白くなってきたので毎週目が離せなくなってきました。
ミツ役の子(貴地谷しほり嬢)はもっと出してきていいと思うなー。今回で終りなんであまりにももったいないキャラだと思う。そっくりな人に会うとかそういう設定で出してもいいんでは?
それから、谷原章介が今川義元やるのか。ちょっとかっこよくね?足短くて馬に乗れない…っていう設定ではないのね(笑)

明智光秀〜神に愛されなかった男〜

うわ〜、光秀メインだから、信長のピンチが多いところばかりなので、観てるとハラハラするよー。
光秀の苦悩もよく描かれてるなぁ。
ストーリー的には、2時間ドラマにしてはよくまとまってたと思う。
エンディングが、功名が辻と若干かぶったが。
戦国の世での旦那の出世は嫁次第だなーとも思ったよ。
上川隆也a.k.a.織田信長が思ったよりよいかも。
一豊様の陰がちらつくかと思ったけど、意外と大丈夫だわ。
ほどよい狂気をはらんでおりまする。
あと、これの衣装がカッコイイ。
信長様の着てる着物や鎧が素敵ですわ。
これで上川信長のカッコ良さが50%アップだ。
そして、そしてやっぱり秀吉は好きじゃねーなぁ。
いーとこどりなんだものよ。
しかし、最終的なお気に入りキャラは蜂須賀小六(高杉亘)です。
この人が一番かっこよかったっす。

功名が辻・最終回

功名が辻、最終回見終えました。
うーん、イイ話だった。面白かったよ。やはり、千代が一豊を見取るシーンがいちばんグッときたなー。
原作では、大分尻すぼみな話だったけど、ドラマでは大坂の陣までやって、千代が戦乱の世の末を見届けるという形になっててキレイに終ってた。
随所に回想シーンが出てきてはじめて気付いたけど、仲間由紀恵はちゃんと年齢で演じ分けしてたんだな〜。あんまし変わってない?と思ってたよ。それほど違和感なかったってことかしら?

あー、時間があれば初めから観直したいなー。無理だけど。

功名が辻に泣く

とうとう次回で最終回だよー(泣) 

こんだけしっかり観た大河ドラマは、「徳川家康」(時専の放送だけど)以来かもしれん。「秀吉」も観てたけどけど、本能寺の変以降は観てないしな。「武田信玄」「独眼竜政宗」も録画だけして途中で止まっとるし。

しかし、ほんと上手く話持ってくなー。すげーよくできた話になってるよ。あいかわらず、千代は全然歳を取らないけど(笑) 40代後半なんだから、もう少し老けさせてもいいのでは…?
最終回のあらすじも公式で読んできたけど、これだけでグッときた。本放送楽しみにしたいわ〜。
総集編も12/24にやるそうなので、これも録画することにしよう。

功名が辻!あと3回

残すところ、あと3回です。
ドラマ、オリジナル設定きちゃいましたね〜。六平太がねぇ。
小説で、あのグダグダの終盤だったのをこのドラマではどう持っていくのかと思ったら、こういう展開かー。すげーわ。
最後まで、楽しみに観ます。

公式サイトで、脚本家の大石静さんによる「大石静とラストラン」というコラムでなかなか興味深いことが。
<三成の正義が疎んじられる社会>の『筋の通った人間は天下を取れない』っていうところ。光秀と三成を例に上げていってるんですが、大石さんは「家康は偉大だけど、人間としては彼らのほうが好き」って書いてあって、この辺りはおいらも同意だなと思いました。

梵天丸もかくありたい

先週から時代劇専門チャンネルにて、『独眼竜政宗』が始まりましたよ!
ちょうど、私の出勤準備時間に放送してるので、毎朝観てから家を出ております。
これの本放送って、19年前ですか…。当時、なんとなく観てた気がするんだけど、話の筋とか全然覚えてないんす。この名言の「梵天丸もかくありたい」っていうのも、今回の放送で初めてなんのことかわかったのでした。

続きを読む・・・

功名が辻 第23回「本能寺」

観た、観たわよ。
いやー、なかなか良かった。信長ー濃姫ー光秀の無言のやりあいがヒジョーにキましたな。
ツッコミたいところは、本能寺に敵がおしよせてて、信長が銃で撃たれた時、倒れた信長に濃姫が駆け寄ってなんだかんだやってたのは「悠長すぎだろー!?」と。
あと、微妙にセットに金がかかってない感じがしたのは、受信料回収できてないからかなぁ〜? まぁ、主人公じゃないから仕方ないのかもしれんし、原作だと「信長が死んだ」の一行で終ってる部分でもあるし。
それから、早馬が届けてきた信長が本能寺で討たれたという手紙を読んで、その手紙に顔をうずめて秀吉が泣くシーンはどーみても笑ってるようにしか見えなかったので、秀吉の嫌らしさが出てたなー。上様の敵を討つってのは大義名分だもん、表向きは。
一豊の上様(信長)回想シーンで、白い階段上ってく上様は素敵でした(笑)
あと今さらながら、蘭丸役の人が渡辺謙の息子の大さんだったことに気付きました。

これからは、お市がらみで賎ケ岳の戦いのストーリー展開か。また上手い事、話もってくな〜。おかげで、目が離せませんわ。

大河「功名が辻」が面白い

大河ドラマの「功名が辻」が面白すぎです。今、あわせて原作を読み返してるのですが、原作と大分話を変わってますが、あれはあれでアリでしょー。

特に、この前の20話「迷うが人」は良かったな〜。今回の話はキモになってると思います。
「迷いがないのは上様だけでござる」という光秀の心情描写がいい感じでした。本能寺への布石ですな。このドラマ、光秀×濃姫説を取り入れてるんすね。このエピソードは話を面白くしとります。
あと、信長が殺せと命じた、黒田官兵衛の嫡男松寿丸が一豊の手によって(というか千代の手によって)密かに生かされていて、
「松寿丸さまは生きています」と一豊が言ったときの舘信長の演技が素晴らしかったです。それから、林と佐久間を追放するときも「あれじゃー、誰も逆らえないよ」というくらい迫力あっなかなかイイです、舘信長。

現時点で、原作だとまだ全4巻の中の1巻分しか話すすんでないんだけど、この後はどーなるのか楽しみだわ〜。

NHK大河ドラマ 徳川家康 完全版

NHK大河ドラマ 徳川家康 完全版 第1集

NHK大河ドラマ 徳川家康 完全版 第2集

4月に出るよ〜!
まぁ、時代劇専門チャンネルで全部録画したし、観もしたんですが、肝心の「本能寺の変」の回を5分短く録画という失態をおかしたので、1集だけでも買ってもいいかもしれん。
でも1集だけってのもなーっていうんで、2集も欲しいよなぁ。合わせて6万超か…。むりっぽ。

To Top