声で決まると思う

どんなにいい曲でも歌ってる声が好きじゃないとダメだー!というわけで、最近シャッフルで聴いてて、やっぱこの人の声好きだわ〜と改めて思い直した人を上げてみます。

まずは、Jesse Powell。この「You」を全米トップ40で聴いて彼のアルバムをチェックするように。低い声もいいんですが、ちょっと高めのビブラート効いたとこがたまらんです。4オクターブの音域を生かして、抑揚のある表現にやられます。最近全然活動してる様子がないのが残念です…。いつまでも新曲待ってます(涙)

Frankie。この人は知る人ぞ知るって感じだろうなぁ〜。この「Dear Love」収録された、”My Heart Belongs To you”というアルバムは、Chucky Thompsonプロデュースなのもさることならがら、やはり彼の泣きのヴォーカルあっての最高傑作。15年前の作品だけど、いまだに聴いてます。彼もなぁー、これ1枚で消えてしまったんだよぉおおおおおお(涙)(涙)(涙)

そして、Mint Condition。この「What Kind Of Man Would I Be」もJesseと同様、全米トップ40がきっかけだなー。バンドスタイルで長く続いているグループで、メインVo.のStokleyの声はさわやかだけどセクシーで、キュンキュンしますなぁ。アルバムも8枚出してて、毎度安心して聴ける抜群の安定感。彼らのライブを観たことあるんですが、バンドスタイルはパワフルでよかったけど、歌だけメインというわけではなかったので、歌メインで再度ライブ観てみたいなぁ。

…とめぐってみたけど、全部90年代後半の曲だね。この手の音楽聴き始めのころのアーティストって印象に残ってるんだなぁと思った次第です。

次はラッパー編を考えてみるかな。

To Top