9/1,2と渋谷ヒカリエホールで行われた、生誕25周年記念 FINAL FANTASY展にいってきました。私が行ったのは初日の1日のほう。2日間だけだから、すごい人かな〜と思ったら予想通りで2時間ほど並びました〜。客層は10代〜30代くらいと幅広く。夏休みラストだったけど、子供はあんまりいなかったな。やっぱ、並びもきついし、FFの良さはある程度年齢行かないと理解しづらいのかもね。

まず、ヒカリエの地下3階で、先週行った東急線FFクイズラリーのポスター(この25周年記念展のシンボルっぽい天野さんの絵)を引き換え、その後、受付のために長蛇の列に並びました。そこで1時間半くらい? 受付で紙製のリストバンドをつけてもらい、エレベーターで11階へ。そこで20分ほど並び、下りエスカレーターへ誘導されて9階のヒカリエホールの展示場入り口(チョコボの置物がお出迎え)で10分くらい並びました。入り口で25周年記念展パンフ2,000円を購入し、100人くらい?づつで入場制限をして入りました。展示ブロックごとに時間を区切られて見学します。

最初は、FF WORKSとして、建物や武器、アイテム、衣装なんかの立体物の展示。私は残念ながらオールドFFファンなもので、立体の展示物はまったくなんだかわかりませんでした。それと、いままでのFFシリーズの年表とソフトのパッケージの展示がされてました。VIまでしかやってないので、スーファミパッケージを懐かしく眺めていました。

次のブロックは、MEMORIES of FFということでIから最新作までの映像で見せてくれました。ここもやっぱり、VIまでを懐かしく…(略)

つづいて、FF Creativesということで、開発資料などの展示。ドット絵が萌える〜〜〜〜。ほか、アニメーションのラフやマップ、モンスター原画など貴重な感じ。ここも…(略)

そして、次は職業診断として、スクリーンの前を通ると、FFの職業キャラが出てきて自分の適正?職業を表示してくれるというもの。個人ごとの歩幅に合ってでてくるので、影に反応してるのかなぁ。ちなみに私は「魔法剣士」でした。魔法剣士とか聞いたらVをやりたくなってきたw

そして、そして、お待ちかね!YOSHITAKA AMANO WORKS !!!!! 何年も前に(確かIVが出たばっかりの頃だったかな…画集DAWN発売のあたりだったような)天野さんのFF原画は拝見してるのですが、やはり本物は何度も観たいということで、何度観てもすごい。絵のパワーを感じます。観ると震えがきますね。絵はそれっぽくマネして描いてたときもありました…。CG全盛の中、手描きで色使いとかも半端ないし、あの金の使い方が独特で素敵なんだよねぇ。絵のキャラの眼にやられたことか。私は、天野さんがキャラデザやったVIまでがやっぱりやっぱり大好きだーーーーー。3Dは脳内妄想搔き立てられないから好きじゃないってのもありますが…。もう、新しいFFはやんないだろうな〜とこの展示会で再認識した次第。

そして、グッズ販売コーナーで25周年記念チョコボのぬいぐるみとか売ってたけど、私はポストカードだけ買い、その後のカプセルトイとチョコボカフェコーナーはスルーして帰りました。見学時間はトータルで1時間も見てないんじゃないかなぁ?

今回の展示見てまた古いFFやりたくなってきたので、FFIV、V、IVとやりたいと思います。VとVIがPSPで出てくれたらPSP本体買ってもいいのになー。

ポスターとパンフ

To Top