ART OF TATTOOIST

ART OF TATTOOIST」総勢49名の刺青師による絵画展を観に行ってきました。

和彫の刺青は究極の和柄と思っているので、萌え萌えして拝見しました。刺青の柄って宗教画に近いよなぁ。写仏とかのモチーフと似てるし。洋彫のものも髑髏や十字架モチーフが多かったのでそれもしかり。

絵柄も然る事ながら、色使いが素晴らしかったですね。この色使いが刺青にまで反映されるものかどうかは定かじゃないですが、あの絵柄にあの色彩がグッと来ました。あと、絵の中に書かれてるタイトルっぽい文字も独特な雰囲気でそういうところまでこだわりが感じられました。

私が気に入ったのは、鳳凰の絵です。鳥系和柄はもともと好きなんですが、細かいところの描写、線の美しさ、微妙な色の移り変わるグラデーションに脱帽でしたなー。これ以外にもいろいろ刺激を受けました。あんな絵描けたらいいですねぇ。

毎年やってるなら、また来年も観に行きたいと思いますー。

To Top