今回の名古屋・岐阜の旅の感想

今回の旅は、かなりノープランで行ったにも関わらず、恐ろしいタイミングでミッションコンプリート出来たので素晴らしかったです。

みそかつ、ひつまぶしは必ず食べる!としてたのですが、泊まったホテルの近所に「やまちゃん」が偶然あったので、手羽先も食べられました。おかげで、閉店までいたし…。

ぎふ信長まつり」もあるのは知っていたけど、ひとまず駅前に出来た「黄金の信長像」さえ観られればいいやと思っていたら、まつり催しの「戦国武将に変身!」で、鎧兜を着る事も出来たし、偶然「のぶさま。」にも遭遇できたので、岐阜でのやりたい、観たい事もうまい具合に運んだのでした。

そして、「名古屋まつり」は、あることすら知らなかったので、タイミングが合えばどっかで行くかーぐらいのつもりでいたら、ひつまぶしを食べたお店の目の前が行列通過地点で、しかも食べ終って店を出てちょっと経ったくらいから始まったので、なんともムダの無い動きができました。

帰り際は、駅にて 本能寺の変の前に食した最後の晩餐を再現した「信長膳」というお弁当も買う事が出来て、家に持ち帰り食べました。これもなかなかおいしかったです。

最後に、この旅に付き合ってくれたMさん(…私の知りあい、Mさんばっかりだな(笑))、楽しんでいただけたか不安でありますが、ありがとうございました〜。懲りずにまたどっか行きましょう!

写真は、信長膳をのせまーす。

外側。シンプルな朱色。お値段は1,200円也。

中身。「安土御献立」より復元可能な料理を選んで忠実に再現。

To Top