歌舞伎鑑賞

うしこおねーさまのお誘いのもと、歌舞伎鑑賞させていただきました!ありがとーございます!
改装する前の歌舞伎座にも行きたかったので、さらにありがたかったです。

1.門出祝寿連獅子
2.極付幡随長兵衛
3.梅雨小袖昔八丈

というのの3幕で、16:30〜21:30と長丁場です。
途中、食事等ができるように30分休憩が入りました。

さすがにそのまま観るのは意味が通じないので、ガイド本を買ってあらすじを読みつつ鑑賞。でも雰囲気だけでも面白い。
途中、お客さんが屋号を叫ぶのも、おお〜プロっぽい!と感動した次第。

1.は、松本幸四郎と松本染五郎、その子の金太郎の初舞台ってやつで、ワイドショーとかでもやってたやつでした。これは初舞台っていうのに重きをおいてたので、短め。

2.は中村吉右衛門が主役の話で、私はこの話が一番好きでした。
死を覚悟して出かける旦那のために、女房がおニューの羽織袴を着せるのを手伝うシーンにグッときました(笑)

3.も松本幸四郎と松本染五郎が、なんか間抜けなんだかの悪い?役で、役者同志のやりとりのテンポよく感じました。

さすがに長時間狭い場所に座ってるので、尻が痛くなりましたが、飽きもせずに楽しく観られました。
予想したより面白かったので、またぜし観に行きたいと思います。

To Top