Michael Jackson

最初は信じてなかったのですが、日々の報道でようやく「ホントに亡くなってしまったのか〜」とショックを受けてる次第です。

何気に私はマイケルっ子でして、初めて買った洋楽アルバムは「BAD」だったし、 産まれて初めて観に行ったコンサートは、1992年に東京ドームでやった「Dangerous Tour」だったのです。

マイケルと言えば「Thriller」「Bad」になるんだろうけど、私はやっぱり「Dangerous」なんだなぁ〜。
このアルバムが出た頃はちょうどブラックミュージックにハマり始めてて、プロデューサーやらなんやらをチェックしてたので、このアルバムの大方を、Teddy Rileyが神懸かった手腕で手がけたってこともあり、死ぬほど聴いた思い出があります。中でも“Remember The Time”は好きだわ〜〜〜。

最近でもたまにYouTubeでショートフィルムを観て、良さを再確認したりして、コンサートあったら行きたいなぁ〜と思ってたので、今年行われる予定だった復活コンサートがあると聞いて、「日本にも来てくんねーかな」と一縷の望みに賭けてたんですが、まさかこんなことになろうとは。
まさに世界的損失。

音楽だけは永遠に生き続けるとのことなんで、私は今日も彼の曲を聴くことにしますよ。

コンサートいったときのパンフ

歌舞伎鑑賞

うしこおねーさまのお誘いのもと、歌舞伎鑑賞させていただきました!ありがとーございます!
改装する前の歌舞伎座にも行きたかったので、さらにありがたかったです。

1.門出祝寿連獅子
2.極付幡随長兵衛
3.梅雨小袖昔八丈

というのの3幕で、16:30〜21:30と長丁場です。
途中、食事等ができるように30分休憩が入りました。

さすがにそのまま観るのは意味が通じないので、ガイド本を買ってあらすじを読みつつ鑑賞。でも雰囲気だけでも面白い。
途中、お客さんが屋号を叫ぶのも、おお〜プロっぽい!と感動した次第。

1.は、松本幸四郎と松本染五郎、その子の金太郎の初舞台ってやつで、ワイドショーとかでもやってたやつでした。これは初舞台っていうのに重きをおいてたので、短め。

2.は中村吉右衛門が主役の話で、私はこの話が一番好きでした。
死を覚悟して出かける旦那のために、女房がおニューの羽織袴を着せるのを手伝うシーンにグッときました(笑)

3.も松本幸四郎と松本染五郎が、なんか間抜けなんだかの悪い?役で、役者同志のやりとりのテンポよく感じました。

さすがに長時間狭い場所に座ってるので、尻が痛くなりましたが、飽きもせずに楽しく観られました。
予想したより面白かったので、またぜし観に行きたいと思います。

嶋野百恵 狂おしく あなたに…

いまだに月1回以上は聴いてると思われる、嶋野百恵嬢。
特に今のささくれ立った気持ちのなかでは、沁みる沁みる。
この曲が好きすぎで、おもわず作ってYouTubeに上げてしまいました。
オフィシャルサイトを見ると、8月に新譜が出る模様!嬉しいっす。
楽しみに待ちたいと思います。

To Top