Ashanti / The Declaration

久々レビュー。Ashantiの新譜「The Declaration」が良いのですよ。彼女の最高傑作じゃないですかね?

なによりも唄い方がお嬢さんっぽくなくなって、地声っつうか、女の情念系になってんのがなによりです。こういうのが聴きたかったんすよ!

先行シングルの 「The Way That I Love You」 [YouTube] も気合い入ってます。迫力あるよ。怖いくらい。このビデオ、日本でやったら問題になりそうだなー。

一番のお気に入りの曲は「Struggle」ですかねー。曲の展開がたまらんです。
See, you’re everything I need, and you’re everything I see,
and you’re everything I feel, and you’re everything in me
の部分をつい待ってしまいます。そして最後の後引く感じもいいので、何度も繰り返し聴いてしまいますよ。

おみあしが見事っすね

あと一聴してわかるJDの曲「Good Good」とかは明るめでいいし、AkonとNellyとやった曲「Body On Me」も「だれもかれもAkonとやりゃいいと思いやがって」と思ってたが、聴いたら意外とよかったりして、「Mother」は、美メロ極めたベイビーフェイス作で泣けます。
アルバムタイトル曲「The Declaration」でとどめです。対訳読んだけど、これってThe Inc.のIrv Gottiに宛てた曲だよねー。「あなたの言うことなら何でも信じていたあの頃、私を操っていたあなた(略)『君だけが俺に必要な存在になれる』なんて私に言いながらこっそり悪事を働いていたのね」だもん。
まじで、このアルバムには捨て曲ないっす。買って損はない。

日本盤の池城美菜子さん(この人の解説やインタビューは愛があるって言うか、偏った見方がないので好きです。)の解説がいいので日本盤ボートラ付きをおすすめします。

To Top