3 Great American Voices

11/12(月) at 日本武道館
50 Years in the USA,
KIKKOMAN presents
3 Great American Voices
CAROLE KING/MARY J.BLIGE/FERGIE

仕事明けに向かわなければならなかったため、開演時間の19:00に間に合わず。いただいた情報(ありがとうございます!)によると、やる順番は日替わりとのことだったので、メアリーねえさんが最初にならんように祈って会場へ。移動中に、先に会場入りしていたskylab(仮名)さんから逐一メールを貰う。

スタートはキャロル・キングからだよ!というメールをもらい、一安心。19:30過ぎに私は会場入り出来た。
客層は、キッコーマン関係者と思われるお偉いさんぽい人がちらほら。キャロルファンと思われる年齢層高目の方も多かった。

キャロル・キングは全然知らないので、youtubeで調べて聴いてみたんだけどそれでも分からない。でも、会場はそこそこ盛り上がってました。1曲終わるごとに拍手があったのが新鮮でした(笑)

続いてファーギー。腹筋が見事なお腹出してて、姿もかわいかった。彼女も曲とかわからんが、BEPの曲とかやってた。ダンスもやってたし、片手前転?とかしながら歌ってたのはすごかった。

そして、トリはメアリー・J・ブライジ!
前の2人の時はおとなしく待機してたので、ここで大爆発。歌えや踊れやで軽くトブ(笑)
以下は、やった記憶にある曲リスト。順番は忘れてるので、あくまでやったものだけ。抜けもあります。

Gonna Breakthrogh
Enough Cryin’
About You(もやったかな?)
MJB Da MVP
Real Love
Reminice
Be Without You
Everything
Be Happy
No More Drama
One
Family Affair
Just Fine

新・旧取り入れてあって、バランスいいね〜。
やっぱりねー、うたぢからがすげーよ。鳥肌もんでしたよ。
No More Drama とかパワフル過ぎ。やばい。あの眉間の皺の入り方がかっこいい。
Be Without Youの「Yes」と「No」の部分も言えたのがよかったし(笑)
そして、新曲のJust Fineは曲的にそんなに好きじゃないと思っていたんですが、ライブだと盛り上がりますね。 Fine Fine Fine…. Hoo! っていうとこが、レスポンスしやすいので。
およそ1時間、ほぼカラオケ状態で歌いっぱなし、踊りっぱなしで大満足でしたよ。やはり、ライブならではで魅せてくれる人はさすがだ。

最後には3人そろって、キャロルの曲のタイトルわからんのとメアリーもカバーしてる「Natural Woman」を歌ってくれました。こういう時にしか観られないコラボも貴重でよかったっす。

余談ですが。
ライブ終了後から、叫びすぎで喉がポリープ気味で調子悪いのよねー。

To Top