R. Kelly / Trapped in The Closet

前作、Chapters 1-12までのも買ってたので、もちろん今回のChapters 13-22のも買いました。
前回の復習で、1-12も観たけど何度観ても面白くて引き込まれます。あっという間に見終わる。そして伏線がいっぱい引いてあるので、続きはどーなるの〜!?と気になってしょうがない。
ちょっと解説っぽいの書こうかと思ってスクリーンショット撮ったけど、こまかいディールが随所にちりばめられてて、これは観ないとわかんない。
ぜし日本語盤を買って、字幕付きで観ていただきたいです。ちゃんと歌詞?と訳のカードも付いてますし。ちなみに、13-22の一番最初に簡単な前回までのダイジェストがあるので、最悪13-22だけでもなんとかなるかもしれない。でもちゃんと最初から観ろ(笑)

せっかくなんで、以下でスクリーンショットを載せて起きます。写真はすべてクリックするとちょっとでかいのが出ます。








R氏、何役にも挑戦してます。すごい。

私の気になったところ:
マフィアのボス?のところにシルヴェスターとトワンで乗り込んで行ったときに、トワンに向かってそのボスが、
「商談なんかしねぇよ。特にこのLL Fool Jの前じゃな!」
って言って、その後トワンとボスがもめたから、
仕方なくシルヴェスターはトワンに「外で待ってろ」と言ったので、トワンが去り際に吠えつつ、それに向かってボスがこう言うんです。
「Yeah Yeah “mama said knock you out”. Fuck outa here.
 わかった、わかった、ママにボコボコにでもされてろ。出てけ
 (って訳には書いてあんだけど、ニュアンス違うよねぇ?)」
LL Cool J / Mama Said Knock You Outかぁ〜と思ったのにニヤニヤしちまいました。私が気付いたのはこんくらいなんだけど、きっとこんなのが随所にちりばめられてるはず。
トワンがなんで、LL Fool Jって言われてるのかも観るとわかるので観た人はきっと私と同様にニヤニヤすると思います…多分(笑)

ちなみにこのTrapped in The Closet、構想はChapter 73まであり、現在完成してんのはChapter 51.5までだそうです!まだまだじゃないですか。ここまで来たら全部おっかけるので、必ず完結させてください!ロバートさん!!

To Top