滞る

いろいろ滞ってます。
頭痛が勃発中でなんもしたくない感じ。
頭痛薬の減りっぷりから思ったけど、
ひょっとして私は頭痛持ちなのか?

TankとBobby ValentinoとRedmanの新譜を買いました。
3枚ともよかったが、Tankが群を抜いてました。やばいねー。

最近、部屋着に無印の作務衣を着てます。男ものだけど。
言ってしまえば、和風料理屋の店員みたいになってます(汗)
頭に手ぬぐい巻くと、陶芸とかやりそうな人にも見えます。
とりあえず、超楽。

Gacktの登場日

風林火山公式サイトhttp://www3.nhk.or.jp/taiga/に、載ってました。6/17に登場だそうです。普段これを観てない人も気になってるみたいだから、この日は、視聴率が高そうですねー。

Gackt景虎の演技はどーなんだろうか。あの濃い役者陣の中で浮くんじゃなかろーかとやや心配な面も。見た目とかは、カラコンは入ってなさそうだけど、黒目コンタクトを入れてる気配がする…。黒目コンタクトだと微妙に視線がズレて怖いんだよね。前に、よくそれの写真修正やったな〜(笑)

今日もまぁおもしろかった。正直、由布姫のネタは飽きてきた〜と思っていたのだけど、来週からは戦話に戻るのでよかった。

でも、きっと近いうちに「あの」人がいなくなってしまいそうので、それを思うと辛いわ〜(泣)

いかんです

風林火山が毎週見逃せません。勘助がいじらしくって萌え〜ですわ(笑)
容貌や素性で方々から疎まれてたりするんですもの(泣)でも、勘助、負けない!って感じで頑張ってるので、徐々に周りに認められつつあって、特に目をかけてくれてる親方様の役にも立ってきてる姿にグッときます。とうとう軍師に任命されてよかったのぉ(涙)オイラも嬉しい。

昨年の「功名が辻」も大分ハマっていたと思うんですが、今年のがストーリーは面白いかもしれん。武田家に特に思い入れはないけど、続きが気になってしゃーないですもん。逆に知らない話だから、面白いのかしら。
周りを固める役者が濃ゆくていいのもあるな。(但し、由布姫だけはビジュアルがダメだ…。演技はいいとマシだと思うのにヒジョーに惜しい)

おかげで、日曜の夜は出掛けられんわー。

このカテに入れるのはどーかと思ったのですが、
私で言うところのタッキーこと滝田栄氏ネタです。
とうとう出ますよ!

滝田栄、仏像を彫る(仮)

いやー、興味深いわ〜。文章だけじゃなくて、彫ってる姿の写真もふんだんにいれてください。私の為に(笑)
初版特典にDVDとか付かないですかねぇ。

ぜんまいざむらい

なんとなく教育テレビを付けていたらやっていた「ぜんまいざむらい」を初めて観た。
やべー、超かわいい。忍者好きなので、豆丸萌え〜(笑)
これはハマりそうな予感…。

ここ↓読んで勉強します。
ぜんまいざむらいweek

Macお気に入りソフト達4

パート4。なんかほかにいろいろ。今回でひとまず最後。

●フォント管理「Linotype FontExplorer X
フォントをシステムにインストールしなくても、このソフト上でアクティベートすれば認識できます。フォントマニアの私としては非常にありがたいツール。

続きを読む・・・

Macお気に入りソフト達3

パート3は音楽・動画系。まだやります。
基本的にお金はかからない(フリーウェアとかメルマガウェアとか)ソフトばかり。

●歌詞検索「Lyrics Master
で、iTunesの曲に登録までやってくれるのが便利。バージョンアップもまめで、検索先の変動にもすぐ対応してくれるのがいい。WIN版もあるよ。

●アートワーク貼り付け「Clutter
はiTunesに登録したCDのジャケットを主にAmazonから検索して、アートワークを貼り付けてくれるソフト。

続きを読む・・・

Macお気に入りソフト達2

パート2はネット系

●RSSリーダー「Vienna」
です。前のバージョンでは、OPMLファイルが日本語環境じゃインポート出来なくて英語環境にしてわざわざ読み込んだりしたのですが、今は直ってんのかな? Macくさい(Safariっぽい)インターフェイスなのでわかりやすい。スマートフォルダとかもあるよ(使ってないけど)

続きを読む・・・

Macお気に入りソフト達1

なんかまとめたくなったので、一覧メモ。パート1は、エディタとかその辺。

●テキストエディタ「mi
これがないといろいろダメです。HTML書きは特に。
でも微妙に不具合があるので、「Smultron」も併用。

続きを読む・・・

高尾山

凄い人です。鬱。

[帰ってきてからの追記]
skylab(仮名)さんとM(仮名)さんで、高尾山に登ってきたんですが、連休中ってこともあり歩くのもままならないほどすごい人でした。
しかし、帰りはわりと険しい別の道を通って帰ったおかげで、まばらな人通りで山登り(下りてたんだけど)気分を満喫できたのでよかったです。
三脚担いでいったので、めずらしく自分の写ってる写真ができました(笑)

To Top