S1 / S1

インディーソウルとか黒っぽいCDを扱ってるショップで、コメントに胸キュン系と書いてあったので、なんの予備知識もなくゲット。

ジャケがびみょーにださいし、若いんだか若くないんだかわからんメンツだし、どーなのよ?と思ったけど、意外とこーゆーやつがよかったりすんだよねぇ〜。
ってことで、聴いてみましたが、イイ!嫌いじゃねぇ感じ。
New Editionの「Can You Stand The Rain」をカバーしてたり、テンポがアップめの曲だけど、キューンとくる曲あったり、今風の曲もあったりでなかなかいいよー。
ただなぁ〜、華がない気が…。曲も声もいいのになぁ。やっぱインディとか言われちゃうんでしょうか。惜しい。(私はこういうほうが好きですけど)

オフィシャルサイトで何曲か試聴できます。Flashが重ぇ〜!

LYNDEN DAVID HALLが亡くなった模様(泣)

fo’ shizzle, my japanizzleさんで知った突然の訃報。

若い才能がまた…。ていうか、同い年ですよ。
ひっそりとお気に入りな人だったので、ショックです。もー、新曲とか聴ける事はないのか〜と。

追悼っていうんじゃないけど、むかーしやってたサイトで書いた、2001年にコートニー・パインとともに来日したときのライブ記録を載せてみました。
COURTNEY PINE GROUP featuring LYNDEN DAVID HALL
2001.03.17(sat) at BLUE NOTE TOKYO

あれが最初で最後の来日ライブになっちゃったのかな?ソロでも彼の歌を堪能したかったなぁ。

Ralph Tresvant の新譜が出る!

新聞読む姿にもクラクラ

あいかわらず、カッコよくてむかつきますね!(笑)

オフィシャルサイトによると、どーやら明日発売の模様。

「Rizz Wa Faire」 というタイトルだそーですが、Amazonやタワレコのサイトで見かけないので、もしやバリバリインディーズ発なんでしょうか…。のおおおお。

中華街で晩飯食います

久しぶりの中華料理です!

大船観音

美しい!

NHK大河ドラマ 徳川家康 完全版

NHK大河ドラマ 徳川家康 完全版 第1集

NHK大河ドラマ 徳川家康 完全版 第2集

4月に出るよ〜!
まぁ、時代劇専門チャンネルで全部録画したし、観もしたんですが、肝心の「本能寺の変」の回を5分短く録画という失態をおかしたので、1集だけでも買ってもいいかもしれん。
でも1集だけってのもなーっていうんで、2集も欲しいよなぁ。合わせて6万超か…。むりっぽ。

KREVA / 愛・自分博

アホなタイトルだ〜(笑)
ブックレットもガイドブックっぽくて素敵です。緑色メインの好みのデザインですわ。

「愛・自分博〜Podcast Pavilion〜」というポッドキャストで、クレバさんがパーソナリティーとして、アルバムへの意気込みとかを語っていたの聴いていたので、まんまとプロモーションされてしまったカタチです(笑)

随所にカニエ手法が使われているのにニンマリ。いい感じじゃないですか〜。メロウな曲も多めで適度にポップ。たまに何かにギュッと捉まれる感にやられるんだなぁー。ラップ部分もハッキリ聞き取れて、この人の曲はカラオケでも歌いやすいし、かなり好きですよ、もう。(今更かよ!って感じですが(汗))
どっかの誰かみたいに、米国産ハーコーHiphopアーティストをパクって悪ぶってないし好印象。

シングルも4曲?収録されてお得感あるし、これ売れるんじゃないでしょーか?

くレーベルコンピ其の二 〜100%Rap〜

今年はすげー勢いでCD買ってる気がするんですが…、まぁ気にしない。

KREVAさんのレーベルつうことで、くレーベルのコンピアルバムだそーです。ライブ会場のみで発売してたのが、新星堂独占で発売されました。

いやー、私がこんな「100%日本語ラップ」のCDを買う事になるとは思わなかったねぇ〜。それほど、KREVA氏の音に惚れ込んだわけですが、これは、彼個人の曲達より、ホントにヒップホップ色が強い感じ。実験的にいろいろ試してる感じもしなくもない。
アレンジ重視っていうより、ライム重視なのかも。マイクリレーしまくりだしね。でも、ラップが聞き取りやすいな〜。日本人によるラップなんだから、こーあるべきなんだろうな。
なんだかんだで、これも嫌いじゃなかったり。

iTMS で思わず購入してしまった

iTunes Music Storeを何気なく見てたら、Erick Sermonのビデオ発見!日本ではあまり流れないから初見だったわけで、思わずポチっとしてしましました。
「Relentless」と「Feel It」(アルバム:Chilltown, New York (2004) 収録)を。わりと最近のやつですね。もっと古いやつとかどんどん入れて欲しいなー。「Relentless」ではKeith Murrayの姿も確認出来てうれすぃ。

続きを読む・・・

ANTHONY HAMILTON / Ain’t Nobody Warryin’

力強くもじんわりくる歌声でございます。ソウルでミリオン売った男の3rd(になるのかな?下積み長いから、正式には何枚目かわからん)アルバム。
地味といえば地味ではありますが、佳曲ぞろいで流行り廃りがないのでなが〜く聴けるスルメアルバムですね。
んで、私は日本語訳が欲しいので(英語わからんし)国内盤が出るヤツはそれを買うんですが、今回じっくり歌詞を読んでみたら、この人の歌詞は男性歌手にありがちな「君の×××をどーのこーの」とかダイレクトエロが皆無であります。真摯な性格出てるなーと思った次第。
暖かい声に癒される、カイロ代わりになる1枚であることは間違いなし(笑)

To Top