FAITH EVANS / The First Lady

憂いのある感じが大好きなFAITHねーさんの4枚目(だっけか?)です。P. Diddy率いるBadboyレーベルのまさにFirst Ladyだったわけですが、この度Bad Boyを離れての再出発だそーです。
で、さっそくアルバムの感想は、ミディアムテンポ中心でバランスとれてる出来かと。突出してイイ!という曲はないもの、駄曲もないのでなかなか満足なアルバムです。私の愛するプロデューサーChucky Thompsonも参加してるし(5. Mesmerized:なんかBeyonceのWork It Outみたいな曲でChuckyっぽくないかも。新境地開拓?)。
日本盤(CCCDなのが痛い)買ったんで対訳読んだけど、彼女のこれまでの人生(元夫、Biggieの死やヤク中で逮捕されたけど、今の旦那さんと幸せに過ごしてる等)を振り返るような内容で重み感じるわー。その幸せっぷりを表すかのように、声がなんか明るいような気も。私はあの憂いのある感じが好きだったので、それはちょっと期待と違ったんで、前作越えはないなー。
このアルバム聴きつつも前作Faithfullyでのキラー曲Where We Standを未だに聴き続けている私。

To Top