早乙女 貢/明智光秀

信長好きというと、光秀は嫌いだと思われがちだけど、私は秀吉よりは光秀のが好きだったりする。

この本は、ものの見事に光秀主体に書かれてるので、信長の印象がまったく残らなかった。そして、光秀話にはだいたい本能寺の変がクライマックスとして扱われるけど、これはただの通過点にしか過ぎない。
というのも、山崎の合戦後も光秀が生きていていたという設定で話はすすみ、ひょんなことから、堀隼人正というものが山奥の廃寺に潜んでいた光秀を発見する。しかし、世の中は秀吉の天下に移っており、なにより光秀の首が上がったことになっている(この辺もいろいろある)ので、彼の言い分を聞く者がいなかった。そこから堀隼人正はなぜか光秀を執着しつづけ、探し続ける人生がはじまる。
それから時代流れ、豊臣家が滅びようとする中、光秀は意外な人物として復活する。
とあいかわらず上手くまとめられんがこんな感じ。

私はこの手の本を読んでるとき、信長が死ぬと読む気がなくなるんだけど、これは死んでからのが面白かった。堀隼人正が出てくることによって、彼の視点から光秀の動きを見られたので、光秀が出てくる=隼人正はどうするのか?というドキドキ感と必死さとを感じられて読めたのもよかった。あと、隼人正は光秀を追ってる過程で、縁続きになるんだけど、それによって最後のオチがきまったのも「おぉ」と感心しちゃったよ。でも、ぜってー「ありえねぇー」話ではあったな。

To Top