Hi-Five 復活してた!

なにげにタワレコに行ったら、こんなものが売ってた!2005年発だから復活盤ですよね!?
まだ未聴なので、iPodに移すべくMacにCD入れたら、CDDBにこのアルバム登録されてなかったよ(汗) なので、私がタイトル入力してデータ送信させていただきました(笑)
オフィシャルサイトがあるようですが、ずっと前から転送量オーバーのエラーが出てアクセスできません。どんだけアクセスあるんだか…貧弱なサーバ使ってるのかしら?

続きを読む・・・

[Artist] New Edition

伝説のボーイズグループです。いまやすっかりダンディに(はぁと)
メムバーは
Ralph Tresvant、Johnny Gill、Ricardo Bell、Michael Bivins、Ronald DeVoe、Bobby Brown の6名になります。
元々、5人組だったけど、ボビーが抜けてジョニーが加入。1996年の再結成では6人でお目見えしましたが、2004年の再々結成ではボビー抜きのカタチになってます。各自ソロやグループ(Bell Biv DeVoe)でも活動していて、それぞれでもヒットを出してて勢いありましたー。
私はメムバーのなかでRalphが一番好きなのですが、今も昔も大して見た目変わんないのがすごい。いずれにしても可愛い〜カッコイイんですが、ぐふふ。えこひいきで写真掲載しちゃえ(笑)
あと、Ronのラップもなんか癖になるので好きです。

続きを読む・・・

[Artist] SWV

It’s About Time(1992)

ガールズグループブームの頃にデビューした3人娘です。顔は酷いが歌はキュンと来る系でよいです(笑)1stアルバムは死ぬほど聴いてました。
3rdを出した後に解散し、その後リードヴォーカルのCocoはソロを出したけどパッとしなかった記憶が。
最近になって、再結成して来日しましたが、関東地方に来なかったので観れなかったんだよなー。

続きを読む・・・

[Artist] R. Kelly

もともとはグループ出身で、いちばん最初はR.Kelly & MGMというグループでシングルかなんかを出していて、その後、R.Kelly & Public Announcement として「Born Into The 90’s」アルバムデビューしてます。
ブレイクしたのは、やはりソロ活動の「12 Play」からで、その後アルバムを出すたびにヒットさせます。彼はプロデュース能力が長けてるので、その時代に流行ってるものをうまく取り入れて独自の色に染めて、さらにブームを作り上げてしまいます。
自らの音楽活動の傍ら、R&BアーティストのみならずHiphop等のアーティストからも引っ張りだこでございます。
スターなだけにスキャンダルも多く、今後の動向も注目されます。
この人の原点は「エロ」だと思うので、「12Play」と「TP-2.Com」、「TP.3 Reloaded」がよいですね。

続きを読む・・・

[Artist] LSG

Levert・Sweat・Gill(1997)

Gerald Levert・keith Sweat・Johnny Gillの三人組ですが、それぞれソロでがんがん活躍してる方々で。Johnny GillはNew Editionのメムバーでもあります。
このメンツははっきりいって反則です。悪いわけがない。大人な歌力が存分に楽しめます。
個人での活躍も期待したいですが、LSGも同時に継続していってほしいです。

続きを読む・・・

[Artist] Musiq

Aijuswanaseing(2000)

予備知識がぜんぜんないのでポッと出なイメージがあります。曲は派手じゃないけどじわ〜っとしみる系で好きなんだよね〜。安心して聴けるアーティストでやんす。

続きを読む・・・

[Artist] Mis-Teeq

UKものです。UKのデスチャと呼ばれていた彼女らですが、デスチャよりもスタイリッシュな感じがしなくもない。みんなスタイルいいしね。特徴的なのはメムバーのアリーシャ。ラガっぽく速いまくし立てるようなラップが癖になり、曲聴いててもついその部分を待ってしまってる自分がいます。
事務所だかレーベルだかが倒産したかなんかで、解散を余儀なくされたらしく非常に惜しいです。全米デビューの話もあったようですが、彼女達はUKでやりたいとかでその話はなしに。このまま消えてくにはもったいないアーティストだよなぁ。

続きを読む・・・

[Artist] Mary J. Blige

What’s The 411?(1992)

じょうおうです。デビュー以来、Queen Of HipHop Soulとしてトップの地位を守っているのはかなり大変なことだと思います。
今年の年末か年始?にニューアルバムも出るそうなので、楽しみですなー。
彼女のデビューから歴史と私がブラックミュージックにハマった歴史が同時に流れているので、一番思い入れのあるアーティストであります。

続きを読む・・・

[Artist] Lynden David Hall

Medicine 4 My Pain(1998)

UKものですー。ほぼ自作自演らしいのですが、ひじょーにシンプルで聴きやすいです。確か、映画『Love Actually』のサントラでビートルズの「All You Need Is Love」をカバーしてるそーですが、私は未聴です(これが彼の一番の有名曲になっちまったらしい、不本意だろーなー)。日本盤のボートラにでもしてくれりゃいいのに。
私は2ndが一番好きかなー。

続きを読む・・・

[Artist] Keith Sweat

もー、この道17年もやってるんですね、キースさん。昔も今もヤギ声全開で、エロを歌ってらっしゃいます。もうね、いいんすよ、新しいことなんか無理にやんなくても。ここまできたらワンパターンでいいんです。でろんでろんのスロウを歌い続けてくれれば、それ以上望むことなんてないんですよ。他人のプロデュースもいいけど、むしろ自分で歌ってくれ!
2nd〜5thあたりがサイコーにすばらしい。ちなみに1stはTeddy Rileyが絡んでいます。

続きを読む・・・

To Top