谷 恒生/革命児・信長 上下

原題「信長 大志を生きる」と「信長 華か、覇道か」の文庫化だそーです。

久々に正義の信長ものを読みました。信長はかっこいいわ、性格もいいし、非常に好人物に描かれてます。信長ファンなら「実際、こうあってほしい」信長像が描かれてます。信長にハマるきっかけになった、山岡荘八の「織田信長」も同様だったので、現実とは違うかもしれないけど話としてはこういう信長がイイですね。

展開として、信長が新しい未来を切り開いてくれることを願って千宗易(利休)をはじめとする堺の面々が信長に協力し、その信長の志しに惹かれた武将等も信長に力を尽くすという感じです。一般的に評判の悪い比叡山焼き打ち等も、古い習慣を打破して新しい国造りをするという理念の元の行なわれてるので、普通なら「これはどーかと思う」ということも全て正しい行動のように上手く辻褄合わせてあります。

で、ポイントは(ネタバレです)、いろいろなポイントで千宗易が噛んでいるところと、本能寺の変の影の仕掛け人が秀吉であるというところ。元々、秀吉は嫌いなのでこの話のお陰で余計に憎悪が。
千宗易が「魂からほとばしる国家構想も、教養の高さからわきおこる理念、理想も、自分と戦う宿命においた価値観も、あふれ出んばかりの独創の美学もない。存在するのは、絶対権力者たらんとする鬼火のような野心だけだ。」と秀吉を称したのに、激しく納得した次第です。
あとこの話も濃姫推奨型で、本能寺の変で一緒に死ぬパターンになってます。これだとホント理想的な信長と濃姫の話になるわ。

それから、この話の滝川一益に惚れました。地味だけどしっかり仕事してて、謎が多い感じがいい。しかも、元々甲賀の出という設定も忍者好きとしてはたまらんです(ホントは甲賀違いで忍者でもないらしいが)。今度は一益がらみの話も読んでみたいっす。

To Top