NEW EDITION / One Love

P. Diddy 主宰のBadboyから、Ralph, Johnny, Ricky, Michael, RonnieのBobby抜きでのニューです。彼らの最初のデビューは1983年というから、すでに20年選手なんすね。すごい。

んで、曲ですが、1stカットの「Hot2Nite」も今っぽいのに無理してない感じで、今の歳のNEに合っててカッコイイ。ところどころ、アイドル風味も織り交ぜながら、しかし、Badboyな感じも忘れてないので、P. Diddyもわかってるじゃないかーとニマニマしてしまいました。7.「Wildest Dreams」とか11.「That’s Why I Lied」とかとかRalphの36歳とは思えん歌声にキュンとやられます(笑) あと、なぜか聴き入ってしまうRonnieのもたつきラップも健在でうれしい。

なんか、リードをRalphばっかりが取ってるなぁと感じますが(私はRalphが一番好きだからうれしいけど)、12.「Come Home With Me」ではJohnnyの歌声が堪能できます。ていうか、この曲は完全にJohnnyのソロ曲でしょ。これ聴くとJohnnyさんが抜きん出て唄が上手いので、他が霞んでしまう(他のメンバーがバックコーラスに成り下がる)恐れがあるのでNEのアルバムとしてはRalph主体で正解なのかも。
で、上記に出てきたJohnnyのソロ曲や14., 15.はJam&Lewisが手がけていて、やっぱりNEの相性は素晴らしいなぁと。特に15.「Newness」はNE真骨頂的な曲となっております。サイコー。BadBoyの面々が手がけたのも悪くないけど、J&Lとの曲が良すぎて、もっとJ&Lとの曲を聴きたかったと思わせてしまいます。

どうでもいいんですが、インナースリーブの各個人のThank YouメッセージのRonnieのところに、このURLが書いてあったのでアクセスしてみたんですが、これって不動産屋でもやってるんでしょうか?なんとなく芸能界が向いてない(と自分でも言ってたが)、彼ならではの人柄が出てる堅実な副業(本業か?)ですな。

To Top