池宮 彰一郎/本能寺 上・下

これは、してやられたりっていう話の持ってきかたで、まいった。まぁ、ちょっと無理あるかな?と思うけど、「こう来たか〜!」と感心させられた。こんな本能寺の変への流れは初めて。タイトルが本能寺ってだけあるわ。

話は言い回しが時代小説すぎて、ちょっと小難しい印象もあったけど、無駄な歴史解説もなくってストーリー的には面白かった。ところどころ、信長の政治見解も入っていて、なるほどなと思わせるところもあったのもよかった。

小説の出来としては、これぞ時代小説といった趣なので素晴らしいけど、多角的な視点で書かれているので、いまいち感情移入出来なかったのが私的には残念だなぁ。

To Top