司馬 遼太郎/国盗り物語

司馬 遼太郎/国盗り物語【斉藤道三編】【織田信長編】

大御所でやんす。なのでおもしろさ期待して読んだよー。そして、期待通り裏切られずに面白かったのでよかった。変に小難しいところもなく、するすると入っていけました。

まず、前半は斉藤道三編。いわゆる信長の舅となる人だけど、もともと妙覚寺のお坊さんをやっていたのです。それが、一国の主にのし上がっていく様を描いた、まさにタイトル通りの国盗り物語です。私はほとんど信長時代のものしか読んだことなかったので、道三の背景とかもわかったし、興味もでてきた。これが上手い具合に信長編へ時代が切り替わっていきます。

でも、信長編はどっちかっつーと、明智光秀編なんだな。光秀は道三の甥で、信長の嫁の濃姫のいとこなので、比較対照として出てくるんだけど、ほとんど光秀よりだったな。まぁ、道三編からの流れということで無理なかったからよかったけど。おかげで、光秀の背景も分かってよかった。

だんだん、信長ネタものの本も読み尽くしてきた感じなので、光秀をスポットものもいいかもしれないな。あと、やはり大御所司馬遼太郎っつうことで、ぐいぐい入り込んで読めたので、ほかの作品も読んでみたいと思った。

To Top