CALVIN RICHARDSON/2:35PM

カントリーボーイだった彼が、すっかり洗練された2nd。デビュー当初は、K-CI&JOJOの幼馴染みというキーワードが強かったけど、今回なんか自分流確立されてます。
なにげに買ったんだけど、良盤っす。で、1stも聴きなおしたら「こんなによかったっけ?」と改めて魅力に気付かされた次第。ちなみに、2:35PMは彼のお子さんの生まれた時刻らしいっす。
変に泥臭くないし、べたべたもしてないので非常にちょうどいい。捨て曲もない。まったり感がたまらんっす。
最近の聴けるアルバムの特長は、「本人のやりたいようにやってるのが表れてる」のに多いような気がする。このアルバムもしかり。プロデューサー重視や、流行り音重視もいいけど、聴いてるほうとしては、このアルバムのようなほうが心に響きます。

To Top