遠藤 周作/男の一生 上・下

主人公は木曽川沿いに住む川並衆の野武士であった、前野将右衛門が主人公。この将右衛門の子孫が残した「武功夜話」という史料が元になっているそうで、気ままな地侍もいいけど、出世するならどこかへ仕えたほうがいいというので信長配下に仕えるが、合わずにすぐ止めてしまった。その後出会った名もない小者の木下藤吉郎(秀吉)に武運をかけて、出世していくというのが大まかなストーリー。
この将右衛門が、これといってカリスマ性があるわけでもなく、普通に努力していく様に普通のは人は共感できそうな感じ。


他にも、初恋の人(信長の側室吉乃)にいつまでも好きでいつづけたり、愛してくれる妻がいながらその吉乃に似た実は敵の忍びの女と浮気したりもする。
信長死後も秀吉に仕えるが、秀吉が天狗になってくのにとまどいつつも家や過去の恩のことを考え、仕事をこなしていく姿は現代のサラリーマンとかぶる部分もあり、まさに「男の一生」。最期は責任をとって腹を切っちゃうのも、将右衛門の義理深さが出ていた気がする。
将右衛門以外にも信長の妹お市と浅井長政の娘茶々が親の敵の秀吉に嫁いで、憎い秀吉を使って自分の父母の血を残そうとして、画策する様なんかも折り込まれてて、その絡みも非常にうまいっす。そして、この本読んでも思ったがやはり秀吉が…(略

改めて、遠藤周作さんの話は面白いと思った。残りの「決戦の時」もはやく手にいれたいっす。

To Top