小野 稔/信長恋す 全4巻

タイトルが「信長の恋ばなしなのか?」と思って、非常に興味をそそられていた作品。ヤフオクで出品されてたので、ゲット。期待して読んだ。

一応、恋話ちゃあ、恋話なんだが、信長と諏訪大社の巫女、お通のやりとりを通して、話が進み、お通が嫡男信忠を産む(実際はちがうはず)。でも、お通は家に入ることなく、信長が女を道具のように使うことに抵抗していく。で、お通はもともと流れものの巫女なので、すぐどこかへいっちゃうんだけど、昔から親切にしてもらってた光秀に頼ったりする。んで、お通と光秀の仲を勘ぐった信長がどんどん醜くなっていって、信長ファンとしては見てらんない状態に。設定としては面白いけど。

んで、信長の話によくありがちなんだけど、終盤になってくると物語の趣旨が変わってくるんだよね〜。最初は心理描写が多いけど、だんだん歴史を追ってきちゃうの。これもそう。信長−お通−光秀の結びつきで本能寺の変に持ってくのはいささか無理があったように思えた。

話の出来的には期待の50%といったところか。

To Top