大佛 次郎/炎の柱 織田信長 上・下

途中まで読んでたんだけど、間がすごく空いため話の流れを忘れてしまった。しかも、いまいち入り込めなくて下巻なんか斜め読み。

結構、有名な作家さんだから期待して読んだんだけど、ぶっちゃけ面白くなかった(涙)
唯一興味深かったのは、嫡男の信忠と家康の息子に嫁いだ娘の徳姫のことについて書かれたとこかしら。いっそのことこの子たちに焦点当たってたほうがよかったのに…と思ふ。

To Top