舟橋 聖一/お市御寮人

副題が「信長兄妹・波瀾の生涯」とタイトル通り、信長の妹「お市」が主人公のお話です。
絶世の美女と謳われた彼女が戦国時代の男達の波瀾に巻き込まれていく様を描いているので、いつも信長メインの本ばかり読んでる私には、別視点から見てる感じが新鮮でした。
絶世の美女だったわけだから、皆が彼女を欲しがるわけさ。罪な女よのぉ、お市御寮人。
柴田勝家と羽柴秀吉の「賎ケ岳の戦い」は実質、お市取合い合戦だったようです。この戦いは柴田が負けて、勝家とお市は死ぬんだけど、この小説では最後に意外な事実が!

そしてこの話でも、やっぱり私は「秀吉が嫌い」です。

To Top