勝見 秀雄/宿曜師 濃姫と信長

めずらしく濃姫が主人公のお話。濃姫が信長の元へ正室として来て、桶狭間の戦いまでを描いてます。
濃姫が宿曜師として未来を占って信長をいろいろ指導していくんです。だんだん、信長の軍師になっていきます。
この物語の濃姫はめっちゃ動くし、強いし、くの一をお供につれて勝手に行動するしで、いくらなんでも無茶だろー(笑)というところが非常に面白かったです。私の濃姫像は凛とした強くて賢い女性ということになってるので、それに合ってました。

で、この話でのキモは濃姫が実は信長の子供(嫡男信忠)を産んでいた!と言うところでしょう。それが、吉乃の子として育てられたということになってます。これはかなり衝撃的かも。

この話の惜しいところは、濃姫を引き立たせるあまり、信長があんまりカッコよくないのが残念でした(笑)

To Top