西ケ谷 恭弘/図解雑学 織田信長

ナツメ社 P246
図解雑学で織田信長を読めるとは思わんかった!
見開きで文書と絵(図)が見れるので、非常に分かりやすかったです。合戦とかの配置図も理解しやすいし。

そして、信長が天下を手中にして、征夷大将軍で幕府を開くでもなく、太政大臣になるでもなく、なにを望んでいたのか?という、解説に対して天皇にとって替わりたかったとしているのだ!しかも、かなり説得力があって、これに関して、明智光秀が本能寺の変に持ってき方も「なるほど〜」と唸ってしまったほど。

信長自身の人物像についても、偏った見方はなく非常に気に入った本です。
すすめられたくないと思うが、おすすめ(笑)

To Top