加来 耕三/信長の謎〈徹底検証〉

講談社文庫 P472
信長にまつわる150の謎を解説してあり、その答えは本当かどうかよりも「こういう説もある」という文で非常に好感がもてた。
時代物にハッキリした答えなんか求めちゃいないので、断定されてしまうと萎えるのよね。
信長だけで150も設問はできんので、時代背景にまつわるものとかも書かれていたので、普通の信長本ではあまり読めないネタもあり勉強になりやした。
ただ、最後ほうにある「もし〜だった」というのは私的には余計かな〜って感じ。読まなかったけど。

To Top