現代訳版 信長公記

やーっと、本筋。注釈付版のは読むのに集中力がいるため、家でゆっくり読むとして、とりあえず現代訳で。
言ってみりゃこれは記録集なので、読んでてツマラナイ。
この本の帯のとおり「せめて「信長公記」を読んで死にたい」って感じだけど、途中で断念。日を改めて挑戦したい。

To Top